So-net無料ブログ作成

マウスのクリックができなくなったので修理してみた [PC・電気製品]

01.jpg
2004年頃から愛用している”Wireless IntelliMouse Explorer 2.0”の左クリックが完全に効かなくなったので修理しました。専門用語的に書くとチャタリング現象が発生したので修理しました。

買い換えも考えましたが、店頭でしっくりとくるマウスがなかったので修理へ。

修理に関して
この記事は修理をオススメする記事ではございません。素人が修理することで修理中に怪我をしたり、マウスを壊したり、状況によっては命に関わる問題が生じる場合もあります。また、この記事を読んで修理した際に生じた一切の事故などに関して当方が責任をとることはできませんので、あくまでも自己責任でお願いいたします。


とりあえず分解します
02.jpg

03.jpg
電池カバーを外すとネジがありますので外します

04.jpg
トップカバーを外します

05.jpg
クリックボタンなどがあるカバーも外します

06.jpg
サイドカバーを外します

07.jpg
基板を固定しているネジとホイールのケーブルを外します

08.jpg
基板をアンダーカバーから外します

基板を見てみましょう
00.jpg
基板は2枚からなっています。これ以上分解せずに作業可能です。

09.jpg
私が保有している”Wireless IntelliMouse Explorer 2.0”の左右クリック、サイドクリックのスイッチは”Panasonic ライトタッチスイッチ EVQP0E07K”という商品でした。なお、製造ロットによって使用されているスイッチが異なる場合もあるかもしれませんので、必ずご自身のマウスをご確認ください。

15.jpg
EVQP0E07Kを探しに秋葉原に行きましたが見つけられなかったため通販で購入します。私が利用したお店は1つ100円で送料120円でした。ま目外の方が送料分お得になるので5つ購入しました。

11.jpg
ここからは半田ごてを利用します。なお、主の半田ごてレベルは中学校の技術家庭科レベルです。まぁ、本気は出しませんけどねw

12.jpg
作業中の画像はありませんが、手順としては半田ごてで熱して半田を除去→スイッチを撤去→新しいスイッチを半田付けとなります。作業自体はそれほど難しくありません。

EVQP0E07Kは端子部が直線ではなくくの字になっていますので、半田ごてで熱しながら押し広げてやると簡単に外れました。

13.jpg
14.jpg
スイッチを付け替えたら逆の手順で戻して完了です。基板やカバーの戻しは省略可能な工程もありますが、省略をすると取付難易度は上がります。

今回はスイッチの交換でマウスは直りました。しかし、スイッチの交換だけで直らない場合もありますので自己責任でお願いいたします。



おまけ
10.jpg
同マウスを2台持っており、使えるスイッチの集約も行いました。
タグ:自作PC
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自作PCのHDDをWD40EZRZ-RT2とST4000DM004に交換 [PC・電気製品]

先月ですが、自作PCのHDDを交換しました。

交換前3TB×3→交換後4TB×2、3TB×1

私がHDDを購入した10月頃は税込1万円切りが特価でしたが、最近は秋葉原などで税込9,000円切りも見られるようになりました。

購入したのは
00.jpg
01.jpg
左:ウェスタンデジタル WD Blue WD40EZRZ-RT2
右:シーゲート BARRCUDA ST4000DM004

WD40EZRZは3プラッタ、ST4000DM004は2プラッタの現行品です。後者はSMR(Shingled Magnetic Recording)方式を採用し、データーを瓦のように微妙に重ねて書き込むことで1プラッタあたりの記憶容量を増加させプラッタ数を減らすことで、本体サイズの小型化や消費電力の削減などを実現したモデルです。このモデルで採用されたSMR方式ですが少しだけ癖があり、データの書き換えを行うたびに速度が遅くなってしまいます。一度書き込んで上書きをしない用途であれば問題ありませんが、データの書き換えを頻繁に行う環境ではパフォーマンス低下が起こりますので、Windowsシステムドライブでの利用には向きません。
*プラッタ=HDD内部の記録用円盤の枚数

02.jpg
シーゲート(下)は2プラッタということで筐体の薄型化が図られています。

03.jpg
04.jpg
重量もWD40EZRZの約630gに対し、ST4000DM004は約440gと軽いです。もっとも3.5インチはデスクトップ用HDDやNASでの利用が考えられますので、重量やサイズの違いは一概にメリットデメリットにはなり得ません。輸送コスト的には小型軽量化は有効でしょうけど。


フォーマット直後に計測したベンチマーク(CrystalDiskMark)は以下の通り。数字が大きい方が速いです。

08.jpg
WD40EZRZ

06.jpg
ST4000DM004

07.jpg
参考)WD30EZRX

05.jpg
参考)PX-256M8PeG(NVME SSD)



ベンチを見る限りWD40EZRZとST4000DM004に大幅な性能差は感じられませんが、万能なWD40EZRZに対し、ST4000DM004は利用方法によりパフォーマンスが大幅に低下する可能性が高いですので、同じような価格でしたらWD WD40EZRZ-RT2を選択するのが無難だと思われます。なお、このクラスのHDDはシステムドライブには向きませんので、別途SSDをシステムドライブにされることをあわせてオススメいたします。
タグ:自作PC
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感