So-net無料ブログ作成

台湾トリップ2018春~その14・台湾ランタンフェスティバルin嘉義~ [2018年03月台湾旅行]

14_32.jpg
*”N23.5”は会場の北緯を表したものです

故宮南院をあとにし、ランタンフェスティバルのメイン会場へ向かいます。

14_00.jpg
メイン会場へは故宮南院から南に向かうだけですので迷いようはありません。

14_01.jpg
14_02.jpg
14_03.jpg
14_04.jpg
14_38.jpg
14_05.jpg
会場までは約10分ほど。

ここからは写真で(手抜きw)

14_06.jpg
14_07.jpg
14_08.jpg
14_09.jpg
14_10.jpg
14_11.jpg
14_12.jpg
14_13.jpg
14_14.jpg
14_15.jpg
14_16.jpg
14_17.jpg
14_18.jpg
14_19.jpg
14_20.jpg
14_21.jpg
14_22.jpg
14_23.jpg
14_24.jpg
14_25.jpg
14_26.jpg
14_27.jpg
14_28.jpg
14_29.jpg
14_30.jpg
14_31.jpg
14_32.jpg
14_33.jpg
14_34.jpg
14_35.jpg
14_36.jpg
14_37.jpg


メインランタンの様子

昨年の雲林に続き2年連続で台湾ランタンフェスティバルに訪れました。日本でもランタンフェスティバルを見かけますが、台湾のは規模が違います。ランタンは大規模のものから、小学生が作ったような小規模なものまで(受賞作品)たくさん展示されていて、会場をすべて回ろうとすると時間と体力があっという間になくなります。昨年はPokemon GO人気でポケモンのランタンが大量にありましたが、今年はポケモンほとんどなかったです。アニメキャラも少なめでしたね。日本からも様々な自治体や企業が出展していました。

気軽にいけるお祭りではありませんが機会があれば是非という感じでしょうか。台湾では日本への海外旅行も大人気で日本からの出展も増えているようです。台湾まできて日本からのランタンを見るのも乙なものかもしれません(ォィ) 2019年は台湾南部の屏東県で開催される予定です。台北からですと台湾高鐵(新幹線)と台鉄を乗り継いで2時間30分~3時間はかかる場所(ほぼ台湾本島を南北縦断)ですので台北ベースで行くのは厳しいと思います。逆に日本人観光客の中ではマイナーな南部の都市を中心にまわるのなら良いかもしれませんね。台南や高雄など、南部にも魅力的な観光地はたくさんあります。


つづきます
タグ:台湾旅行
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

台湾トリップ2018春~その13・嘉義の故宮南院~ [2018年03月台湾旅行]

13_28.jpg
台湾高鐵で嘉義に到着しました。高鐵の嘉義駅を利用するのは5年ぶりくらいでしょうか。駅周辺は5年前と変わってないですね(何もないまま)。

13_27.jpg
台鉄の嘉義駅(市街地)へはこちらのバスを利用して向かうことができます。台湾高鐵シャトルバスで台湾高鐵のチケットを提示することで運賃は無料です。

13_29.jpg
嘉義ランタンフェスティバルシャトルバスでランタンフェスティバル会場まで来ました。昨年開催された雲林では高鐵雲林駅から歩いていける距離(約1km)でしたが、今回は会場まで2.5kmほどあり歩けない距離ではないですが基本はシャトルバス利用となります。

13_30.jpg
ランタンフェスティバルシャトルバス乗り場から会場へ歩きます。会場まで10分ほどかかります。

13_31.jpg
昨年も見た船

13_32.jpg
台湾のイタ車。キティー仕様。

13_33.jpg
会場周辺は住宅街があります(日本で言うニュータウン的な)。あまり生活感は感じませんでしたけど。

13_34.jpg
会場に到着。

13_35.jpg
日曜日と言うこともあり混雑しています。

13_36.jpg
外国からの観光客はパスポート提示で粗品が貰えます。内容は干支のミニランタン、ステージチケット、ドライ金柑でした。

13_37.jpg
ランタンフェスティバル会場から北へ向かうと故宮南院があります。故宮もランタンフェスティバル故宮会場となっています。

13_38.jpg
故宮南院へ向かいます。

13_39.jpg
故宮南院の入口から建物まで10~15分かかります。

館内は2階エントランスから入場。

13_15.jpg
今回は17時30分の予約をしていましたが、ランタンフェスティバル会期内は自由参観だったようで予約は無しでも大丈夫でした。また参観料は通常150元ですが無料でした。

13_23.jpg
チケット売り場の裏側にはコインロッカーがあります。ロッカーは無料ですが、デポジットとして10元(荷物を取り出す際に返却されます)必要ですので、小銭を用意しておきましょう。

13_16.jpg
荷物をコインロッカーに預けて、チケット売場反対側の階段を上って展示室へ向かいます。

館内の様子
13_01.jpg
13_00.jpg
13_02.jpg
13_03.jpg
13_04.jpg
13_05.jpg
13_06.jpg
13_07.jpg
13_08.jpg
展示室は3階→2階の順に観覧する導線です。各階とも5部屋程度の展示室に分かれていて、各展示室ごとにテーマに沿った展示がおこなわれています。展示内容は入れ替えがあります。台北の故宮は骨董品などの展示が主という印象ですが、嘉義の故宮南院は文化的な面や人間の生活に即した展示も見られます。台北に比べすいていたこともありますが、館内はゆったりとした配置で展示がおこなわれているので、ゆっくりと落ち着いて見学することができました。

13_09.jpg
13_10.jpg
台北の故宮で見れなかった展示物も見れてよかったです。この部屋は定期的に台北の故宮で展示されている有名展示品を展示するみたいですね(以前は角煮や白菜が展示されていましたし)。

13_11.jpg
13_12.jpg
1階の特別展(S101)も無料で参観することができました。このときは干支にちなんだ展示がおこなわれていました。

13_13.jpg
1階にはお土産物店もあります。


建物の様子
13_14.jpg
13_17.jpg
13_18.jpg
13_19.jpg
13_20.jpg
13_21.jpg
13_22.jpg
13_24.jpg
13_25.jpg
今回はランタンフェスティバル期間中ということで開館時間の延長やライトアップがおこなわれていました。通常時は17時以降に入ることはできませんし、ライトアップもおこなわれていないと思います。というか、夜のこのエリアって真っ暗で怖いところだと思います。


故宮南院の感想
気軽にいける台北の故宮と違い一日がかりで行く感じです。台北の故宮とは展示内容も異なりますので、台北の故宮には行き飽きた方でも訪れる価値はあると思います。計画の際には観覧時間2時間以上はみておきたいです。まぁ、なんだかんだで台北からだと1日潰れますので、台南や高雄観光を合わせて計画するとよい感じだと思います。

今回はランタンフェスティバルというちょうどよい機会だったので訪れました。これだけのために時間をかけていくかと問われれば回答に悩みますが、何かのついでがあればぜひ見学したいと思わせる内容の施設であったのは間違いありません。


13_26.jpg
暗くなってきましたのでランタンフェスティバルメイン会場へ向かいます。故宮南院園内もランタンフェスティバル南院エリアとしてランタンが展示されていましたが、そちらは入口付近を見たのみです。なぜかって・・・体力的な問題ですよw

つづきます


通常時の故宮南院への行き方
・台湾高速鉄道(新幹線)嘉義駅下車→路線バスで故宮南院下車
新幹線は台北から1時間~1時間30分ほど。高雄(新左営)からは30分ほど。バスは乗れば10分くらいだと思います。駅からのバスもそれなりの本数があるようですので、それほど行くのに難しいということもありません。また、複数名なら駅からタクシーを利用してもよいでしょう。この付近ですとサトウキビ列車の観光施設もありますのでそれを絡めるのもよいかもしれません。
3ヶ月以内の台北故宮のチケットを提示することで無料で参観可能です(期間限定)。
タグ:台湾旅行
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行