So-net無料ブログ作成

弾丸台湾2018~その1・夜の飛行機で台湾へ~ [2018年06月弾丸台湾]

前回の記事で台湾終わりだと思った?残念!まだまだ続きます!

今回はTVなどで話題の弾丸台湾をしてきました。弾丸の定義は知りません(爆) 今回は現地滞在時間が24時間を超えていますので弾丸とはいえないかもしれませんね。旅行パンフ的に書くと0泊3日ですかね(^_^;)

結論から書きますと、弾丸なんて愚の骨頂なのでやめておけ!


弾丸台湾とは・・・
TVの特集を見ると、羽田発着のPeachを利用し、羽田を6時前出発→台北桃園に8時~9時頃着、台北桃園を21時前出発→羽田25時頃着というスケジュールで、運賃は9,800円(弾丸スペシャル)+諸税で1.5万円くらいで行くことみたいです。で、台湾では台北で9時頃に朝食をとり、何カ所も観光して、マッサージして、小籠包食べて、夜市散策して、かき氷を食べてと満喫できるそうです。番組によっては九分や十分まで足を伸ばすものもありました。・・・現実的には自分のような詰め込み型旅行でも無理ですけど・・・また羽田空港へのアクセス手段により羽田空港での滞在時間がおおきく変わる=疲れ具合に如実に表れるのでご注意を。

*桃園空港(到着ゲート)から台北中心部へは、常客証の力を借りてイミグレを数分で突破できても1時間はかかります。朝時間帯のイミグレはあまり混雑していなさそうですが、混雑していた場合はイミグレだけで1時間くらいかかる場合も。また、帰りの便はギリギリの1時間前にチェックインするとしても台北を19時頃出発しないと危険です。現実として、飛行機に乗るためにかかる時間より台北に滞在できる時間の方が短く、TVをみて弾丸でも台北で楽しめるじゃんと思ってもやめた方がよいです。

今回の旅行にはデジカメを持参していません。
すべてスマートフォン(ZenFone4 ZE554KLorZenFone3 ZE520KL)での撮影となります。

今回のスタート地点は会社・・・定時で上がり、電車を乗り継いで成田空港へ。

01_00.jpg
総武快速線の成田空港行き車内

01_01.jpg
成田空港も駅ナンバリングがつきました。JRがナンバリングを発表したときに、電車特定区間というしがらみにとらわれ、外国人利用者の多い成田空港をナンバリング対象外にしたときは、相変わらずだなと悪い意味で感心しましたが、JR千葉支社の独自対応(番号は総武快速線千葉駅から連番)はGJです。というか、駅ナンバリングなんて外国人向けの施策なのだから、最初から臨機応変に対応するべきだったと思います。

01_02.jpg
空港2ビルで下車

01_03.jpg
個人的にE217系は好きなのですが(主に前面デザインとか、総武快速線で爆走するときとか)、年式的にそろそろ置き換えなんですかねぇ。

01_04.jpg
T2からT3へはバスで移動。バスルートが変更されてからはT2→T3も歩くことはなくなりましたね。

01_05.jpg
今回は前出のPeachではなくバニラエアで台湾に行きます。預荷物はないので自動チェックイン機も利用できましたが、自動チェックイン機ではレシート、カウンターではきちんとした搭乗券なのでカウンターを選びました。人間は学習する生き物ですからね(*^_^*) それにここで時間短縮したところでT3の出国エリア内なんて何もないですから。

保安検査・出国審査をクリアして待合室へ。
01_06.jpg
免税店のAKIHABARAがよりAKIHABARAっぽいかんじになってました。そして機内で非常時に飲むように水買おうと思ったら、そういう商品の取り扱いなくなってました。

01_07.jpg
バス搭乗なのでバスゲートへ。春秋航空の売店があります。水は自販機でも購入できます(現金のみ・各種ICカード対応もあり)。

01_08.jpg
搭乗ゲートへ到着。搭乗開始まで20分くらいありますね。ちょっと早く着きすぎましたが、特にやることもないのでソファーでのんびり。

01_09.jpg
搭乗ゲートを通過しバスへ

01_10.jpg
国際線客を国内線へ運んでしまうことが極まれにあるバスで飛行機へ。飛行機へ向かうときは間違いはないので気にする必要はありませんね。

01_11.jpg
搭乗します

01_12.jpg
Vanilla Air

01_13.jpg
なんかシール貼ってありました。ヘッドレスト部分の広告や機内誌も同地域の広告や案内でしたのでそういうことなのでしょう。

01_14.jpg
まもなく離陸です

01_15.jpg
離陸しました。この日は天候もよく、航路上の南関東・名古屋・大阪南部などできれいな夜景を見ることができました。

01_16.jpg
大阪をすぎたと思ったら台北桃園に到着していました。2時間くらい仮眠取れました。

01_17.jpg
現地時刻23時30分には着陸したのですが、スポットインは24時5分過ぎ。まさか誘導路で30分も待機させられるとは思いませんでした。スポットはB2。第一ターミナルの一番端っこです。前回はScoot利用で、Scootは比較的イミグレに近いスポット利用なので忘れていましたが、LCCは空港で冷遇されるモノでしたね(笑)

01_18.jpg
イミグレへ向かいます。結局定刻より20分ほど遅れての降機となり24時10分すぎになってしましたが、このあとの行程には余裕がありますので問題はありません。

01_19.jpg
イミグレに到着。さすがにこの時間だとそれほど混雑していません。

01_20.jpg
イミグレに並んでから20分ほどで入境できました。

弾丸ツアー入境にあたって
台湾入境時には、台湾での居住地(ホテルや宿泊場所)を申告する必要があります。しかし、弾丸ツアーではホテルに泊まることはまずありません。その場合は入境書類のホテル欄は未記入でかまいません。イミグレでは入境書類と同時に日帰りである事(oneday tripとでも言えば伝わります)を伝え、帰りの飛行機のチケット控えを提示してください。それで問題なく通過*できます。今回は帰りの便が02時55分発なので微妙に日帰りではないのですが、「日帰りだよ~、だからホテルないよ~」って伝えたら、笑いながら「帰りの便、明日の朝だから日帰りじゃないやん!」っていわれながら入境手続きして貰えました(笑) 今回のパターンなら当日宿泊も可能なので適当なホテル名記入して入境すれば楽と言えば楽ですが、泊まりもしないホテル名を記入するのは書類の偽装ですからね。そんなことでリマークされても馬鹿馬鹿しいですし・・・

*注:このパターンで入境できない場合は台湾入境は諦めてください。国際手配されてるとか、以前台湾で悪事をはたらいたとかで入境拒否されていますので、たぶん宿泊旅行でも入境できないと思います。

今回は日帰りなのでいつも利用している台湾モバイル利用は無し。iTAIWAN登録済みでインフォメーションカウンターでアクティベート処理しようと思ったらカウンターも営業終了していたのでアクティベートできず(^_^;) というわけで通信環境は交通機関などの無料WiFiのみとなりました。特に複雑怪奇な事をする計画はありませんし、オフライン地図もセットしておきましたので大きな問題はありませんでした。100元(台湾モバイル1日無制限通信の価格)くらいケチるなと言われそうですがw

01_22.jpg
T1のバスターミナルへ。今回は夜のうちに台中を目指してしまいます。乗車するバスは國光客運の1860番です。國光客運の窓口は昔は夜間閉鎖だったようですが、今では24時過ぎでも窓口が普通に開いています。台北行きは24時間運行ですので、窓口も24時間開いているのかも。他のバス会社も運航便がある会社の窓口は一応やっている感じでした。

國光客運のみですが自動券売機もあります。窓口は混雑している場合もありますので、すいている自動券売機の使い方を覚えておくと便利です。以下はメモ。國光客運以外のバスを利用する場合は各バス会社の窓口で購入してください。

01_33.jpg
國光客運自動券売機の使い方(画像は左から駐車場・悠遊カード・國光客運券売機)
*支払い方法は、悠遊カード・iPass・クレジットカード・銀嶺カード・ボーナス配当です。日本人で現実的なのは悠遊カードorクレジットカード払いになります。現金払いはできませんが、悠遊カードを持っていれば、自動券売機近くにあるチャージ機でチャージして悠遊カードで支払うことで擬似的に現金払いも可能です。まぁ、チャージとか二度手間で面倒だと思いますので現金払いしたくて窓口がすいていたら窓口使いましょう。

01_23.jpg
1.使用言語を選択
日本語がありますので日本語を選べばよいと思います。怪しげな日本語訳はなかったので、迷わず発券までできると思います。

01_24.jpg
2.路線を選択
桃園空港の自動券売機で初期選択できる路線は上記路線のみです。目的の路線を押してください。

01_34.jpg
参考)台中バスステーションの券売機
選択できる路線は場所によって異なります

01_25.jpg
3.降りるバス停を選択
注意事項としてはすべてのバス停が表示されるわけではありません。画像は1860台中行きですが、台中(台鉄台中駅・台中バスステーション)と朝馬(國光朝馬バスステーション)の2カ所しか表示されません。それ以外の場所で下車する場合は、下車するバス停より先の表示されているバス停を選択する必要があります。バス停の表示ですが運賃の変わるバス停or利用客の多いバス停が表示されるようです。なお、1860台中行きは全区間全票280元均一です(以前は台中と朝馬で運賃が違いましたが、現在は同じです)。ここで降りるバス停を見つけられないorどのバス停まで買えば運賃的に問題ないかわからなくて困ったら、窓口に行った方が無難かもしれません。

01_26.jpg
4.人数を選択
一般と半額に分かれます。台湾の場合、半額=子供運賃ではないのでご注意を。

01_27.jpg
5.検索中の画面になりますので表示されまで(長くても10秒程度)お待ちください。

01_28.jpg
6.乗車時間を選択
乗りたいバスの発車時間を選択します。他の日や他の時間も選択できます。自由席ボタン(便指定無し)もありますが、座席指定制のバス路線の場合はやめておいた方が無難かと。残席数ですが窓口とは枠が異なるようです。ここで満席でも窓口では発券できる可能性があるので窓口でご確認を。

01_29.jpg
7.支払い方法の選択
支払い方法を選択してください。交通系ICは悠遊カード、iPassが利用可能です。

01_30.jpg
8.支払いをします
画面はクレジットカードを選択した場合です。機械右横にあるカードリーダーに挿入するか、読み取りエリア(液晶画面部)に置くことで決済可能です。今時あるかはわかりませんが、IC無しのクレジットカードでは決済できません。

01_31.jpg
クレジットカード決済端末
対応カードはVISA、Master、JCB、UnionPay(銀嶺)となります。タッチ対応はApple Pay、Sansong pay、Android Payなど。

01_32.jpg
ICカード読取端末
悠遊カード、iPass利用時は機械本体画面下付近にある読み取り機においてください。

01_21.jpg
9.決済が完了すると切符が発券されます
切符と決済関連レシート(カード利用控え)が印刷されますので受け取ってください。座席指定のバスでは切符に座席番号の記載もありますので確認してください。路線により乗車時に切符が回収される路線もあります。窓口で切符を発券する場合はもぎり式チケットとなり、半券部分にも座席番号が記載されていますので、切符回収タイミングにかかわらず座席番号の確認ができます。


桃園空港にはこの券売機の他に、國光客運台北行き専用の券売機も設置されています。こちらは現金払いのみ対応で夜間は利用休止されていることが多いようです。

自動券売機はすいていることが多く、窓口混雑時や使い慣れた人にとっては便利な機械だと思います。日本語も対応していますので初心者にも比較的易しい設計です。しかし、窓口にくらべ制約がありますので、状況を判断しどちらを利用するか決めるのがよいのではないでしょうか。まぁ、単純なUIですので発券まで1~2分くらいです。自動券売機で試してうまくいかなければ窓口へ向かう位の心構えでも良いかもしれませんね。

つづきます
タグ:台湾旅行
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

台湾トリップ2018春~その15・Scoot Bizで帰国~ [2018年03月台湾旅行]

ランタンフェスティバル会場をあとにします。

15_01.jpg
シャトルバス乗り場

15_02.jpg
バスに乗車

15_03.jpg
高鐵嘉義駅
メイン会場から10分ほど歩いた場所にあるシャトルバス乗り場での混雑を考慮し、新幹線発車の1時間前に到着するように向かいました。しかしシャトルバス乗り場に行列は無し。止まっているバスに乗車しすぐに発車したため、予定より大幅に早く駅に到着してしまいました。こんなことならもう少しランタンフェスティバル会場でゆっくりすればよかったです。

15_04.jpg
15_05.jpg
15_08.jpg
高鐵嘉義駅構内
昨年の雲林ランタンフェスティバルは平日で比較的すいていましたが、今回は日曜日で会場は混雑しているように見受けられました。これは、自由席乗車待ち列とか、いかにもお祭りのあとみたいな風景が見れるんじゃないかと期待・・・していましたが、やっぱりすいていました。日曜日の22時台に嘉義駅発ですと自宅に帰るのは翌日になってしまいますから、もう少し早い時間帯なら混雑していたかもしれません。そもそも、マイカーで来る方が圧倒的なだけかも知れませんが。

15_07.jpg
乗車する列車は22時32分発です。現在時刻は21時54分で40分近く駅でぼんやりする羽目に。

15_09.jpg
少し早いですがホームに上がりました。

15_10.jpg
乗車する新幹線が到着。

15_11.jpg
昔なら珍しくない台北行きですが、台北から南港まで延伸した現在ではレアな行き先です。

15_12.jpg
新幹線乗車中。この列車の終点台北には23時59分着。

15_13.jpg
今回の新幹線は広告入りヘッドレストカバーではありませんでした。春節プリントも無しで少し寂しい感じ。

15_14.jpg
高鐵桃園駅に到着。地下1階コンコースには桃園MRT乗継出口もありました。

15_15.jpg
U705バスで桃園空港へ。このバス最終便です。

15_16.jpg
当初は貸切かなと思いましたが、出発直前に10名ほど乗車がありました。

15_17.jpg
お気に入りの後方タイヤハウス後側列。この列はシートピッチが無駄に広い上に、タイヤハウスがフットレスト代わりになり個人的には快適です。

15_18.jpg
桃園空港ターミナル1のフードコードで仮眠をとります。まさか台湾に来て2日連続空港泊になるとは思わなかったわ~

15_19.jpg
4時になったのでチェックインカウンターへ。帰路はScootBizなので優先カウンターでチェックインします。

15_20.jpg
機内持ち込みができないお土産も買ったので荷物預けました。ScootBizなので無料で預けられます。

15_21.jpg
保安検査と出国審査を通過します。

15_22.jpg
15_23.jpg
この時点で4時40分。出発までは2時間ありますし(チケット記載の集合時刻までも1時間15分あります)、エクスペリエンスゾーンでのんびり。ScootBiz利用時はシンガポールチャンギ空港でSQラウンジを利用できますが、他の空港ではラウンジサービスはありません。

15_24.jpg
とりあえずチケットの時間に間に合うようにゲートに来ましたが係員すらいないという。

6時10分頃搭乗開始となりました。ScootBizなので優先搭乗があります。

15_25.jpg
15_06.jpg
機内の様子
座席はJALのクラスJ相当とお考えください。今回は最前列を指定できたので足下広々で快適でした。同じ最前列でも窓側2席(左右計4席)の方が中央列(3席)より足下が広めです。座席指定料金は不要(ScootBiz運賃に含まれます)です。

15_26.jpg
ウェルカム水

15_27.jpg
離陸

15_28.jpg
機内食
今回は予約時にプレミアムセレクション機内食も注文しておきました。プレミアムセレクションメニューには様々な料理が並んでいますが、路線により提供されるメニューに制限がある場合があり、台湾東京線は照り焼きチキンライスのみの提供となります。プレミアムセレクションはメインの他にサイドメニューが2つつきます。写真上のサラダとパウンドケーキがプレミアムセレクションのおまけですね。シンガポール発着路線の場合はパウンドケーキがハーゲンダッツになるとの事です。飲み物は機内で聞かれます。今回は朝からウィスキーにしてみました。なお、ソフトドリンクの場合は2本注文できるみたいです(周りの人でソフトドリンクを2本もらっている人がいましたので)。機内食の味ですがこんなものじゃないでしょうか。ネット上では美味しくないという書き込みが目立ち期待値が低かったこともあり、結果的に美味しくいただけました。特にパウンドケーキ美味しかったです。

15_29.jpg
機内誌関連はエコノミーと同じ

ScootTV
機内無線LANを利用したエンターテインメントサービスのScootTVが無料で利用できます。利用する場合はCAにアクセスコードを貰うだけです。

15_31.jpg
Scootのホームページなどではアクセスコードの書かれたカードのようなものの写真がありましたが、経費削減なのかアクセスコードが書かれた紙ナプキンを貰うという(^_^;) まぁ、入力してしまえばいらないものですから問題ありませんけどね。

15_35.jpg
ScootTVを利用するためにはモバイル機器が必要です。Android機器の場合は機内無線経由でアプリをDLして利用できます。iOS機器の場合は事前にアプリをDLしておく必要がありますのでご注意ください。PCの場合はブラウザ経由です。

試してみましょう

15_36.jpg
アプリを立ち上げます

15_37.jpg
メニューからScootTVへ

15_38.jpg
購入をタップ

15_39.png
アクセスコードを入力

15_40.jpg
これで視聴可能になりました。

15_41.jpg
こんな感じで視聴できます

15_32.jpg
ScootBizではコンセントも無料で利用可能です。電池劣化の原因となりますので推奨はしませんが、充電しながらScootTVを楽しむこともできますね。

15_33.jpg
成田空港に到着。

15_34.jpg
入国審査・手荷物受取・税関を通り11時25分に自由の身になれました。成田空港着陸は帝国の10時35分頃でしたが、スポットがあかなくて待たされ飛行機を降りることができたのは10時55分過ぎ、預入荷物に優先返却はなく受け取りに時間がかかり、着陸から40分もかかってしまいました。まぁ、仕方ないですかね。


ScootBizの感想
ScootBizという名称から、ビジネスクラス相当と思われる方もいるかもしれませんが、所詮はプレミアムエコノミーレベルです。東京台北線ですと、エコノミーから+7~9,000円というのが相場のようです。差額分の価値があるかと問われれば間違いなくあります。というか、預荷物あり、座席指定、機内食など、エコノミーでも何か追加で注文する予定がある場合は、追加注文の差額とBiz席の差額をよく考えて予約するのがよいでしょう。座席はクラスJ相当ですが専有面積・シートの作りの面でエコノミーの比ではないですし、旅行での疲れを機内で貯めるのも馬鹿馬鹿しいので積極的にBizを選択してもよいのではないかと思います。

15_00.jpg
また、Scootの運賃は残席数に応じ変動しますから、エコノミー残席少、Biz残席多の場合は画像のような運賃の逆転現象もみられます。

今回は往復諸税込みで2.3万円ほどでした。仮に往路もBizにしたとしても3万円強。PY相当で台湾往復が3万円少々なら安いものです。ScootはB787で運行なのも魅力的です。LCCというとB737やA320を利用している航空会社が多いですが、それらの機材と最新のB787とでは機内環境が違いすぎます。この内容で4万円台になるとチャイナエアーやエバー航空の割引運賃と大差がないので迷うところですけど、コミコミ3万円台ならScootを選んだ方が満足度は高いはず。

もっとも、Scoot便の最大の問題は台北発の時間。台北桃園空港6時40分発は日本人には使い勝手が悪すぎる時間で、それだけで選択肢から外れる方の方が多いはず。曜日限定で台北桃園空港15時00分発の便も設定されていますが、そちらはモノクラスA320(タイガーエア仕様)での運行なのでおすすめしません。時間帯は良いんですけどね。台北15時発もB787での運行となれば、台北午後着→台北午後発で旅行スケジュールとして選びやすくなるのですが。

おしまい
タグ:台湾旅行
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行