So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年5月台湾旅行~九分・基隆リベンジ編~ [2017年05月台湾旅行]

目次
エバー航空キティージェット編
COMPUTEX TAIPEI 2017 見学編
台湾三支線「内湾線」乗り鉄-前編-
台湾三支線「内湾線」乗り鉄-後編-
かき氷をたくさん食べる編
九分・基隆リベンジ編 ←この記事
昼の台北観光編
夜の台北観光編
ついに開業!桃園MRT編 (7/1UP予定)

ちなみに、リベンジするのは九分で、基隆は夜市ブラついただけです(^_^;)

まずは九分に向かいます。南港展覧館からでしたのでMRT板南線で南港駅に向かい、南港駅から台鐵で北上します。

06_00.jpg
再開発で地下化された南港駅はとても綺麗な駅でした。この駅は台鐵・高鐵・MRTの乗換駅で台北北側のターミナルとも言えますが、台鐵自強号・キョ光号は通過する列車も多いのでご注意を。

乗車した区間車は基隆行きでしたので、途中七堵駅で東部幹線(宜蘭、花蓮方面)の列車に乗り換えます。
06_01.jpg
七堵駅からは復興号に乗車します。復興号は繁忙期に設定される臨時列車で種別としてはキョ光号と区間快の間に位置し日本風ですと準急列車という感じです。

06_02.jpg
車両は青ベースの客車です。ドアは手動ですので自分で開け閉めしなくてはなりません。ドアが閉まっていなくても走行できるので開いたまま走行していることも多いです。
*台鐵の列車種別:自強号(特急)→キョ光号(急行)→復興号(準急)→区間快車(快速)→区間車(普通)、普快車(普通・空調無し)

06_03.jpg
06_04.jpg
車内の様子
車内はリクライニングシート(表皮は塩ビでしょうか)が並びます。空調もありますので長距離利用でも問題ないレベルの環境です。

06_05.jpg
七堵駅から瑞芳駅までは10分ほどで到着することになっていましたが、理由はよく分からないものの10分近い遅延で20分近く乗車することができたのは乗り鉄的にはラッキーだったかも。

06_06.jpg
瑞芳駅では3分乗り継ぎの予定でしたが、乗り継ぎ列車も遅延していたので問題なく乗り継げました。

06_07.jpg
ここから深澳線に乗車し八斗子駅を目指します。注意書きは・・・普通に目的地までのきっぷorICカードを利用して、きちんと入出場の際にタッチすれば問題ないかと。

06_08.jpg
車内では検札があり、有効なキップor有効な入場記録があるICカードを持っていない場合は精算が必要です。ICカードも機械でチェックするので海科館駅・八斗子駅で折り返し時にきちんと入出場タッチしないと後々エラーが出るかもしれませんね。

06_12.jpg
八斗子駅
この駅は2016年末に再旅客化され再開されました。道路一本を挟んで海が広がり「最も美しい駅」となることが期待されているそうです。

06_09.jpg
06_10.jpg
06_11.jpg
06_13.jpg
結論から言うと周りに何かあるわけでは無いので来た列車で戻るお客さんが非常に多いです。個人的にも折り返し時間の15分くらい滞在すれば充分かなと思いました。平渓線の1日乗車券の有効区間内ですから、平渓・十分観光のついでに寄ってみるのも良いかもしれません。

06_14.jpg
折り返して瑞芳駅に向かいます。

06_18.jpg
06_15.jpg
06_16.jpg
瑞芳駅
前回は平日18時30分頃でしたので閑散としていましたが、祝日16時頃ということでそれなりに人がいましたし、観光案内所も開いていました。

06_17.jpg
九分へは前回同様バスで移動します。

06_19.jpg
ちなみにタクシーは協定価格で1台205NT$(800円弱)です。駅前から出発しますし複数人ならタクシー利用もありだと思います。なお、この乗り場以外から乗車すると協定価格が適用されない場合もあったりしてトラブルになるかもしれませんので、タクシー利用時はここから乗車しましょう。

06_20.jpg
警察署の先にあるバス乗り場からバスに乗ります。今回は基隆からのバスでした。バスは九分まで15NT$です。

06_21.jpg
06_22.jpg
前回は真っ暗の中を走って行きましたが、今回は明るい時間帯でしたのでバスの車窓も楽しむことができました。バスは視線が高いので車窓を楽しむならタクシーよりいいですね。

06_23.jpg
06_24.jpg
九分に到着

06_25.jpg
セブンイレブンの横から老街へ。

06_26.jpg
今回は前回食べることができなかった名物スイーツの芋圓を食べることが目的なので、目的の阿柑姨芋圓へ一直線です。セブンイレブンからは10分くらいあれば余裕で着きます。

06_27.jpg
阿柑姨芋圓

06_34.jpg
芋圓を注文します。温かいのと冷たいのがありますが、この日はジメジメと蒸し暑かったので冷たいのを注文。価格は45NT$でした。

06_28.jpg
芋圓を注文したら奥にあるイートインスペースへ。

06_32.jpg
06_33.jpg

06_31.jpg
06_30.jpg
このお店の売りの一つは九分の景色を楽しめながら食べることができるイートインスペースにあると思います。イートインスペースは2層になっていて、上の階(店舗入口がある階層)も下の階も同様に景色を眺めることができます。上の階の方が眺めは良いですが、下の階も景色を満喫することができますのですいている方に行くと良いと思います。オススメはやはり窓側のカウンター席ですね。

06_29.jpg
芋圓は名前の通り芋系のお団子が入ったお汁粉やぜんざいという感じで、芋団子は好き嫌いは分かれるかもしれませんが、甘さは控えめですので万人向けかなと思います。九分にはもう一件有名な芋圓屋さんの頼阿婆芋圓がありますが、そちらは未食ですのでどちらが美味しいかは分かりません。個人的には期待していた通りの美味しさでわざわざ来た甲斐があったと思いました。

06_44.jpg
頼阿婆芋圓
もう一件の有名な芋圓屋さん。こちらもお値段は45NT$で同じです。飲食スペースとしては景色を楽しみながらの阿柑姨芋圓に対し、基隆老街を歩く人を見ながら食べる頼阿婆芋圓ですので、どちらが良いかと言われたら阿柑姨芋圓に軍配があがるかなと。

06_35.jpg
06_38.jpg
06_39.jpg
06_40.jpg
06_41.jpg
06_42.jpg
06_45.jpg
明るい時間帯の九分を散策します。平日夜間に訪れた前回と違い、祝日日中ということでお店も開いていて街全体に活気があり印象が変わりました。人混みはあまり好きでは無いですが、夜市や観光地は人が多く訪れる休日に訪れた方が活気があって楽しいです。

06_43.jpg
護理長の店
主に現地の方の行列ができていましたが人気店なのでしょうか。

06_37.jpg
例の撮影場所。ここは夜の方が提灯の明かりと照明で際立った室内がノスタルジックな雰囲気でいいかなと。

06_61.jpg
参考:夜
今回は前回より広い範囲を散策しました。この街はぶらぶら歩くのが楽しくなる街ですね。

夜までいても良かったのですが、基隆にも行きたかったので1時間半ほどの滞在であとにしました。

06_46.jpg
基隆行きのバスに乗車し下山します。基隆までは約1時間で30NT$です。瑞芳駅で台鐵に乗り換えても料金的には差はないですが、列車本数や必ず1度乗り換える(瑞芳-基隆の直通列車は無いため)必要があるので、基隆行きのバスに乗れたらそのままバスに乗り続けるのが良いと思います。この日は基隆行きの路線のみバスロケが停止していた上、台北行きは頻繁(5分間隔くらい)に来るのに基隆行きは全然来なくて焦ったのは内緒です。

06_47.jpg
前回は夜間の山道を猛スピードで下っていったので、珍しくバス酔いをしましたが、今回は外の景色も見ることができたおかげもありバス酔いはしませんでした。

06_48.jpg
魅力度最下位茨城県のスーパースターであるコスモ星丸先輩が瑞芳で生息していました!双子星と書いてあるので、コスモ星丸先輩の生き別れた双子の妹とかそんな設定でしょうかw

06_49.jpg
瑞芳駅を通過し基隆駅へ向かいます。

06_50.jpg
基隆駅へは1時間弱で到着。

06_51.jpg
基隆は雨でした(>_<)

06_52.jpg
とりあえず基隆夜市へ

06_54.jpg
06_53.jpg
前回同様に31天一で、前回同様ルーローハンと肉だんごのスープを。

06_55.jpg
実は海鮮系のお店も何件かチェックしていてハシゴする予定でしたが、雨が降ったりやんだりという夜市巡りには最悪の天候で諦めました。まぁ、基隆でしたら台北からすぐ来れますし。

いつもの李鵠餅店でバラマキ用のパイナップルケーキと個人的に気になっていたいちごっぷるケーキを購入し駅へ向かいました。李鵠餅店の時点で9分後に台北方面の列車があることは分かっていたので急ぎ足で向かいます。

06_56.jpg
06_57.jpg
基隆駅は工事が進んだせいで通路が切り替わっていて迷子になりかけました。たぶん遠回りしたと思います。

06_58.jpg
列車定刻の1分前にはホームにいました。しかし、折り返し列車遅延で7分遅れ。急ぐ必要がまったくありませんでした(>_<) それにしても、7分→38分→45分のランダムダイヤはまるで○R東日本のようだw

06_59.jpg
区間車で台北へ

九分での芋圓リベンジ、復興号乗車、台鐵乗潰しの目的を無事達成することができました。
タグ:台湾旅行

2017年5月台湾旅行~かき氷をたくさん食べる編~ [2017年05月台湾旅行]

目次
エバー航空キティージェット編
COMPUTEX TAIPEI 2017 見学編
台湾三支線「内湾線」乗り鉄-前編-
台湾三支線「内湾線」乗り鉄-後編-
かき氷をたくさん食べる編 ←この記事
九分・基隆リベンジ編
昼の台北観光編
夜の台北観光編
ついに開業!桃園MRT編 (7/1UP予定)

今回は初夏の台湾ということでかき氷を満喫(とまで言えるかどうか)してきました。前回2月訪台時はかき氷0でしたのでリベンジを兼ねていて、今回の旅の目的の一つでもありました。

3泊4日で5回ほどかき氷をいただきました。順番は食べた順です。

1.冰讃
05_00.jpg

05_01.jpg
芒果雪花冰(150NT$)

マンゴーが収穫できるシーズンのみの営業で様々な媒体で評判となっているお店です。今回注文した芒果雪花冰は150NT$とお安いながらマンゴーがたくさんのっていて1人で食べるのにちょうど良い(お皿のサイズはカレー皿くらいをイメージしてください)感じです。マンゴーのお味はもう少しという感じでしたが季節的な問題だと思います。このお店ですが周りは日本人ばかりで毎年値上げしているため昔ほどのコスパの良さは無くなってしまいましたが、夏期に行かれるなら寄ってみて損はないと思います。近くに寧夏夜市もありますので夜市のついでによるのもアリだと思います。


冰讃(ピンザン)
台北市大同区双連街2号
MRT雙連駅出口2から西へ徒歩約2分


2.芒果皇帝
05_02.jpg
05_04.jpg
05_05.jpg

05_03.jpg
新鮮芒果奶酪雪花冰(200NT$)

MRT東門駅から永康街にはいってすぐの場所にあるお店です。客引きのおねーさんが立っているのでわかりやすいです。今回はマンゴーにパンナコッタがのった雪花氷をオーダー。このお店ですがすいていることが多くてすぐ食べれるのが個人的に気に入っています。味も美味しかったです。マンゴー収穫のタイミングもあるのかもしれませんが、前日の冰讃よりも甘くて今回食べた中ではマンゴーの味は一番よかったです。ここを通るときにいつも思うのですが、ご近所のスムージーと違ってすいているのは何でなんでしょうか・・・味もコスパも決して劣っていないと思うのですが。


芒果皇帝(キングマンゴー)
台北市永康街2巷2之1號
MRT東門駅

3.綠豆蒜啥咪
05_09.jpg

05_10.jpg
枋山愛文芒果冰(200NT$)

今回一番期待していたお店です。ブログなどで検索すると夏場のマンゴー収穫時期のみマンゴーかき氷を提供しているということで実質夏季限定という感じです。約2個分のマンゴーがのったかき氷は雪花ではなく普通のかき氷ですが黒糖シロップがかけられてマンゴーの味とよくマッチしていました。マンゴー自体はちょっと早めという感じでしたので、6月下旬~8月上旬くらいならもっと美味しかったかも。観光客には隠れ家的な存在というような紹介をされているブログもありましたが日本人ばかりでした(^_^;) 日本の雑誌やTVなどで紹介されたようで・・・ その代わり日本人がよく行くようになったからかメニューに日本語表記がありますし、簡単な日本語で注文も通じるので敷居はかなり低くなったように思います。完熟のタイミング再訪したいと思わせるお店でした。


緑豆蒜啥咪(リュイドウスヮンシャーミー)
台北市中山區伊通街106巷6-1號
MRT松江南京駅


4.Ice Monster
05_07.jpg

05_06.jpg
原創新鮮芒果冰(190NT$)

有名店のアイスモンスターです。アイスモンスターといえば綿飴のようなふわふわな氷で有名ですが普通のかき氷もあります。今回は普通のタイプにしてみましたがこれもなかなかに美味しく侮れません。ここのお店は量が多くてシェアして食べるのが無難なのですが、ふわふわなタイプに比べ甘さが控えめなおかげか一人で飽きずに食べきることができました。個人的には隣の人が食べていたメロンかき氷(シャーベットみたいな感じ)が美味しそうで気になってしまい、そっちも追加で食べようかなと一瞬思いましたが流石に無理でした。次回チャレンジしてみたいと思います。


Ice Monster(アイスモンスター)
台北市忠孝東路四段297號
MRT國父紀念館駅


5.思慕昔
05_12.jpg
05_11.jpg

05_08.jpg
超級綜合草莓雪花冰(220NT$)

最終日はスムージーでイチゴベースの総合系にしました。流石にマンゴーばかりでは飽きてしまいます(^_^;) キウイは微妙でしたが、イチゴとマンゴーは酸味と甘みがマッチして美味しかったです。暑いオープンテラスでかき氷は最高です!


思慕昔本館(スムージー)
台北市大安區永康街15號
MRT東門駅


今回は5店舗回りましたが、マンゴーのシーズンですとやはりマンゴーを頼んでしまいます。まぁ、私そこまでマンゴーフリークでは無くて、ふわふわな雪花氷に様々な果物がトッピングされた系のかき氷が好物だったりします(*^_^*) この時期の台湾はもう夏の暑さで、かき氷をとても美味しく食べれる季節です。皆様もかき氷巡りいかがですか?


台湾のかき氷は量が多いのでシェアしないと種類を食べられないのは悩めるところです。あとは物価高なのかマンゴー高なのかどのお店も値上げが目立ちますね(^^;)