So-net無料ブログ作成
検索選択
2015年10月或る列車 ブログトップ

或る列車に乗りに行く九州~最終回~ [2015年10月或る列車]

最終日の朝になりました。

福岡体験バスチケットの福岡都市圏バス1日乗車券を利用して、ふたたび太宰府へ。

08_00.jpg
今回乗車する太宰府ライナー旅人は、博多駅交通センター・・・じゃなくて博多バスターミナルから福岡空港国際線ターミナルを経由して太宰府駅までを約40分で結びます。以前は西鉄電車で太宰府というのが一般的でしたが、太宰府ライナー旅人の運行で福岡空港や博多駅から乗換なしに太宰府に行けるようになり便利になりました。

08_01.jpg
車内は列車版旅人のように少しだけ太宰府の梅のイメージを

08_02.jpg
途中の太宰府政庁跡で下車します。

08_03.jpg
08_04.jpg
太宰府政庁跡

前日までイベントがあったようでイベントの撤収作業をしていました。

08_05.jpg
太宰府政庁跡バス停からふたたび太宰府ライナー旅人で太宰府駅へ。

08_06.jpg
08_07.jpg
太宰府

08_08.jpg
今回の目的地は太宰府のさらに先にあります。

08_09.jpg
目的地はこちらの鶴の子で有名な石村萬盛堂の直営店である太宰府店です。こちらは太宰府工場併設の店舗で簡単ではありますが工場見学ができます(予約不要・無料)。太宰府から約1.2kmほどですが、ずっと急な上り坂なので少し距離を感じますね。

店内や工場部分は撮影禁止なので写真はありませんが、できたての鶴の子を試食しながら、鶴の子や鶏卵素麺などが作られる様子を見学できます。また、通常の石村萬盛堂製品だけでなく、アウトレットの鶴の子なども販売されています。

08_10.jpg
帰りは天開稲荷神社経由で

08_12.jpg
08_11.jpg
ここは太宰府に参拝に来た観光客のほとんどがスルーするのでとても厳かな感じですが、耳を澄ますと太宰府遊園のジェットコースターの音が聞こえるという少し不思議な場所です。

08_13.jpg
太宰府も参拝し帰ります。10月初旬と言う事で日本人参拝客はほとんど見かけませんでした。というか、中国に来たのかという感じ・・・

08_14.jpg
参道も平日にしては混雑しています。そして駐車場から中国人団体客が続々と供給されていました・・・

梅が枝餅はお石茶屋は休業日でしたので、参道で焼きたてが食べれそうなお店チョイスしました。

08_16.jpg
かくだ商店

08_15.jpg
焼きたての梅が枝餅は美味しいです。

そのあと福岡市内をぶらぶらして空港へ。

08_17.jpg
空港で飛行機を見ながら折尾かしわめしでちょっと遅めのお昼ご飯。

08_18.jpg
空港でお土産とか購入してJetstarで帰路につきました。

08_19.jpg
少し遅れて成田に到着。

08_20.jpg
相変わらず意味不明な距離を歩かされて今回の旅行はおわりです。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

或る列車に乗りに行く九州~その7~ [2015年10月或る列車]

つづいて福岡オープントップバスに乗車します。以前荒天で乗車できなかった事があり初乗車となります。

07_00.jpg
乗車券。払戻不可なのは体験チケットと引き替えた乗車券だからです。この乗車券で福岡都心エリアの西鉄バスにも乗車可能です。

07_01.jpg
今回は青い車両でした。オープントップバスはこの車両と赤い車両の2両で運行されています。

07_02.jpg
乗車して通路を歩いている時の目線

07_03.jpg
座席はこんな感じ。ヒーターも付いているので10月上旬なら走行中も寒いという感じではなかったです。

07_04.jpg
着席時の目線はこんな感じ。ライン照明は高速走行時(呉服町ランプ以降)に消灯しますので見た目ほど目障りではありませんでした。

07_05.jpg
福岡市役所前を出発し一蘭本店やはかたリバレインの前を通って博多駅へ

07_06.jpg
博多駅から住吉神社の近くを通ってキャナルシティへ

07_07.jpg
キャナルシティから櫛田神社前を通って、都市高速呉服町ランプから高速へ
当然身を乗り出さないように注意されますが、都市高速高さ制限4.1mの看板に手が届きそうな感じ。

07_08.jpg
福岡都市高速福岡ドーム付近
バスなので目線が高く都市高速の高架区間では福岡市街地の夜景が一望できます。風を感じながら見る夜景なかなか斬新です。

07_09.jpg
環状線内回りを通って百道ランプから福岡タワーへ

07_10.jpg
福岡タワーからシーホークの車寄せへ
ここは、天井が近く(といっても高さ4mはあります)、背伸びすれば触れるんじゃないかという迫力でした。

07_11.jpg
シーホークからは一般道で大濠公園を通って天神に戻ります
街路樹は触れる事ができる(注:大変危険です)・・・というか季節によってはぶつかりそうな位置関係です。

07_12.jpg
渡辺通をクロスし赤煉瓦文化館前を前を通り昭和通りから渡辺通を南下します

07_13.jpg
市役所前に戻ってきました。1時間20分ほどの乗車時間でしたが、福岡の夜景を存分に楽しめました。また、ガイドさんによる沿道の観光案内やちょっと珍しい視点からのお話しなどもありとても楽しい時間でした。料金もそれほど高くありませんしこれはオススメです!

07_14.jpg
オープントップバスを下車しましたがまだ19時30分頃ですし、オープントップバス特典の福岡都心エリアフリー乗車券もありますから天神BTから少しバス旅。

07_15.jpg
といっても、先ほど通った福岡タワー周辺の夜景見に来ただけ・・・

07_16.jpg
福岡タワーから博多駅に戻り博多シティの屋上散策。

07_18.jpg
07_17.jpg
夕食はキャナルシティの一蘭にしました。ここは重箱でラーメンが提供されます。

つづきます
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

或る列車に乗りに行く九州~その6~ [2015年10月或る列車]

06_00.jpg
06_01.jpg
西鉄福岡駅から水都に乗車して二日市を目指します。

06_19.jpg
水都は柳川観光列車としてこの日から運行が開始されました。柳川観光列車と言っても天神大牟田線の特急運用に充当されていますので特別列車なワケではありません。また、特別料金もいりません。運行予定は西鉄ホームページから確認ができます。

06_02.jpg
柳川の物産品紹介コーナーは3号車。背後には乗車記念スタンプ(台紙あり)があります。

06_03.jpg
車内イメージはこんな感じで各号車毎にコンセプトが決められています。

06_04.jpg
通常の特急運用ですから車内撮影は無理ですね。車内撮影したかったら天神発ではなく大牟田発の方が可能性はあるかも。

西鉄二日市で乗り換えます。

06_05.jpg
続いては太宰府観光列車旅人に乗車。先ほどの水都の先輩みたいなものですね。

06_06.jpg
車内は開運をイメージし車両毎に学業成就、厄除け家内安全、縁結びなどをイメージした模様が配されています。

06_07.jpg
照明カバーには梅をあしらっています。

06_17.jpg
先ほどの水都同様3号車には太宰府物産紹介コーナー。背後に乗車記念スタンプもあります。

06_09.jpg
旅人の各車両では開運カードが無料でゲット出来ます。各車両毎に模様が違いますので気になる方は全車両回ると良いかも。先ほどの水都にも柳川ゆかりの立花宗茂・誾千代のオリジナルカードの設置されていますが、図柄が子ども向けかなという感じです。

06_10.jpg
06_11.jpg
太宰府駅に到着しました。旅人は基本的に太宰府線に封じ込め運用が組まれています(朝1往復のみ西鉄福岡発着があります)ので、日中の太宰府線を利用すると1/2の確率で乗車可能です。

06_12.jpg
旅人は列車だけでなくバスもあります。こちらの紹介は後日。

06_14.jpg
この日に来る予定は無かった太宰府でしたが、太宰府散策きっぷは行き→梅が枝餅引換券→帰りの順番に利用する必要があるので梅が枝餅だけ食べに来ました・・・もちろんお参りもしましたよ~

06_13.jpg
以前も紹介したと思いますが、太宰府の梅が枝餅屋さんで個人的にオススメのお石茶屋に来ました。閉店時間16時30分という事で駆け込みセーフでした。

06_15.jpg
梅が枝餅。散策きっぷは梅が枝餅3つと引換ができますが、お腹が減っていませんでしたので1つはその場で食べ、残り2つはお土産用に包んでいただきました。

06_16.jpg
店内の様子。はじめて祖父に連れられて来た二十数年前から変わってないですね。

06_18.jpg
太宰府から天神にもどります。

つづく

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

或る列車に乗りに行く九州~その5~ [2015年10月或る列車]

日田には1時間ほど滞在して博多に戻ります。

05_01.jpg
帰路はゆふいんの森

05_02.jpg
2015年夏に増結された4号車指定です。なお、ゆふいんの森も九州ネットきっぷで購入する事で大幅割引になります。具体的には通常運賃+特急料金で3,090円のところほぼ半額の1,650円になります。この金額は日田から博多までの運賃と同額なので特急料金分丸々割引になるわけです。

05_03.jpg
増結にあわせて車内Wi-Fiサービスも開始されました。

05_04.jpg
増結された4号車には大きな窓を備えたフリースペースもあります。

05_06.jpg
車内はこんな感じ。天井の意匠が他の号車と異なるほか、座席はかもめ用885系から採用された座席の表皮がモケットバージョンです。他の号車とは印象がかなり異なりますが、ゆふいんの森に乗ったという感じは特に変わらないテイストでまとめられています。

05_05.jpg
ゆふいんの森と言えば先頭展望席も外せないですね。ここは超人気席ですから発売と同時に完売する場合がほとんどです。

博多駅に到着後、ここまで一緒だったお友達さんと別れて福岡市役所を目指します。

05_08.jpg
目的はオープントップバス。前日に予約したら奇跡的に最前列が空いていてラッキーでした。

05_07.jpg
05_00.jpg
今回は前日に博多駅交通Cで購入したこちらのFUKUOKA体験バスチケットを利用します。このチケットは、西鉄バス福岡都市圏1日フリー乗車券と体験TICKETが2枚セットで2,570円で販売されています。2015年10月現在は”福岡よかとこ補助金”対象で1,800円で購入できました。

オープントップバス乗車券は体験チケット1枚と交換になります。オープントップバスの料金は1,540円ですからこれだけでほぼ元を取ったと言っても過言ではありませんね。オープントップバス乗車券は乗車当日の福岡都心バス1日乗車券にもなっていて、上手に利用するとかなりお得です。

オープントップバスは夜景コースなので、それまで時間をつぶしましょう。

05_09.jpg
福岡市役所から西鉄福岡駅へ向かいます。

05_10.jpg
時間をつぶす為に体験バスチケット2枚目をこちらの太宰府散策きっぷと引き替えました。太宰府散策きっぷは1,000円ですので、オープントップバス1,540円+太宰府散策きっぷ1,000円=2,540円で通常販売価格の元もほぼ取った状況です。

つづきます
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

或る列車に乗りに行く九州~その4~ [2015年10月或る列車]

04_13.jpg

04_01.jpg
乗車記念証とメニュー

或る列車のメインであるお食事です(2015年10月のメニューとなります)

04_14.jpg
04_15.jpg
初秋の海と大地の風
大分県 関イサキのフライサンド、タルタルソース
・大分県 ウニと熊本県 車海老、宮崎県 キャビア添え
・大分県 豊後牛のローストビーフ、秋野菜、かぼすポン酢

森の香り
・福岡県 大分県 宮崎県 キノコのスープ

お弁当箱のようなケースにセットされた軽食(乗車時に配膳済み)とスープが最初に配膳されます。SWEET TRAINという名の通りデザートがメインの列車ですが、最初に軽食もありデザートメインのコース料理という感じです。


04_02.jpg
夏の名残
・宮崎県 鹿児島県 マンゴーと、スイカのカクテル

見た目も鮮やかなカクテルグラスに盛り付けられたスイーツ1つめ。

04_03.jpg

04_04.jpg

04_06.jpg
お月見
・福岡県 八女抹茶と大分県 あずき

先ほどの洋風なスイーツから一変して和風なスイーツです。2つめ。

04_07.jpg

04_08.jpg
秋桜
・大分県 ブドウと梨、宮崎県 リコッタチーズのタルト
つづいてタルト。秋桜の花びらも食用で食べられます。

04_09.jpg
十五夜の頃
・熊本県 青柚子&メレンゲ
・福岡県 紅茶&キャラメル
・大分県 サフランとカボチャ、佐賀県 シナモン、バニラ
最後はミニケーキセット。


ドリンクはフリードリンクで、飲み終わったり食事の間の適切なタイミングで注文を聞きに来てくれます。
ドリンク
・スパークリングワイン(宮崎:都農ワイン)
・白ワイン
・赤ワイン
・コーヒー(ケニア:カイナムイファクトリー他)
・紅茶(福岡:星野製茶園他)
・緑茶(長崎:北村製茶)
・日向夏ジュース(宮崎:サンA)
・ミネラルウォーター(大分:MYMウォーター)

食材は基本的に九州産のものを利用し、器なども九州の工房でつくられたものを積極的に採用しています。また、車内の一部意匠などはクルーズトレイン「ななつ星」と同様のものを採用しています。

04_05.jpg
軽食の調理は列車外でおこなっているようですが、スイーツの盛り付けなどは車内のARU BARで職人がおこなっています。

04_00.jpg
04_10.jpg
食器やスプーンなど各所に或る列車のマークが入っているのもおしゃれな感じですね。

04_11.jpg
列車は3時間弱で終点の日田に到着。ゆるキャラや観光協会のお出迎えがありました。

04_12.jpg
日田駅の待合室も水戸岡デザインです。

或る列車ですが、最初のリリースでは20代後半から40代くらいのOLが女子会を開くイメージという報道もありました。実際はこのような高級感をイメージした女子会とはちょっと違うベクトルの列車になったように思います。「ななつ星」の成功による列車のイメージ戦略変更があったのかもしれません。今回の同乗者はどちらかというと団塊の世代のご夫婦や、ご夫婦+30代くらいのお子様家族が多かったです。当初の想定客層ではなく「ななつ星」の客層に近い感じなのかもしれません。

さて、この列車ですが食べ物は美味しいですし車内の雰囲気もとても良いのでオススメはしたいです。ですが、手放しでオススメするには料金が高いので誰にでもオススメできる感じではありません。今回の大分発日田行きの或る列車は1人2万円(+個室は1室3,000円)ですので、高いか安いかと言えば高いと思います。昨今はアベノミクスで物価も高くなっていますし、景気が良くなっている方もいるらしいですが、自分としては気軽に乗れる感じの列車ではないですね。もちろん値下げをして客層が悪くなると列車のコンセプトが曖昧になりかねませんからこの価格設定でもいいと思いますし、価格の問題さえ無い方になら手放しでオススメします。

つづきます


*個人的には東北エモーションの価格的な気軽さと食事内容が万人にオススメしやすいかなと思います。

或る列車に乗りに行く九州~その3~ [2015年10月或る列車]

03_00.jpg
赤いカーペットが乗降口付近に敷かれて、入線準備が整いました。

03_01.jpg
列車は宮崎側から入線してきます。

03_02.jpg
03_03.jpg
03_13.jpg
車両は金ピカです。しかし下品な感じではなく上品な感じでまとめられています。

さっそく車内へ。乗車時に大きな荷物は預かってもらえます。

参照:SWEET TRAIN ARU RESSHA (JR九州) http://www.jrkyushu-aruressha.jp/

或る列車~車内~

03_04.jpg
乗車は1号車(大分より車両)から

03_05.jpg
1号車はオープンスペースで2人用と4人用のボックスが設置されています。

03_12.jpg
4人用ボックス。乗車時にはすでに軽食がセットされています。

03_11.jpg
1号車の2号車よりにはキッチンスペース(BAR ARU)があります。車内で調理はしませんが、ドリンクの準備や盛り付けなどを行います。

03_10.jpg
1号車の2号車に向かう通路窓側にはステンドグラスと格子状の装飾があります。キッチンスペースの光沢のある壁に反射してとれも綺麗です。

03_14.jpg
2号車に入ると格子状の飾りがとても良い雰囲気です。

03_06.jpg
2号車は個室になっています。個室はすべて2人用で1室+3,000円(ツアーにより異なる場合があります)で利用できます。

03_15.jpg
個室と通路の仕切りも独特な格子でつくられていて、適度なプライベート空間と開放感をあわせて提供します。

03_16.jpg
個室は荷物があると狭い感じもしますが、荷物は預かって貰えるので適度な空間だと思います。

03_07.jpg
03_08.jpg
03_09.jpg
お手洗いは2号車運転席寄りに2カ所あります。

お食事編につづきます
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

或る列車に乗りに行く九州~その2~ [2015年10月或る列車]

2日目です。

02_00.jpg
2日目は博多駅からソニック1号で大分を目指します。今回は九州ネット予約から「九州ネット早特3」を利用しました。通常5,560円の運賃+指定席特急料金が2,570円と半額以下に・・・JR九州の特急列車は以前から2枚きっぷ4枚キップなどの回数券タイプの格安商品が存在していましたが、片道利用でこの値段はありがたいというか通常料金で乗るのが馬鹿らしくなります。

02_00b.jpg
大分駅に到着。数年前に訪れた時は駅高架化工事+駅周辺整備のまっただ中でしたが完成しました。

02_01.jpg
JRおおいたシティ

02_02.jpg
02_03.jpg
02_04.jpg
02_05.jpg
02_07.jpg
大分駅。おおいたシティのデザイン監修はJR九州の観光列車などでおなじみの水戸岡氏によるものです。

02_06.jpg
くろちゃんコインロッカー

02_08.jpg
駅をぐるっと回ってから入場します。或る列車に乗車の際は、事前に渡される案内を有人窓口で見せる事で入場できます。有人改札の対応も普通よりも丁寧だった気がします。

02_09.jpg
最下段の或る列車にこれから乗車します。乗車時間まで30分以上ありますが、集合時間が9時20分ということで少し早めにホームに向かいます。なお、或る列車は団体専用列車ですので、他のJR九州観光列車のように乗車券+指定券という販売はしておらず、すべて旅行商品扱いになります。

02_10.jpg
ホームに到着。或る列車の乗客と思わしき人々がすでに集まっていました。黄色い列車が出発後に或る列車が入線します。

つづきます
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

或る列車に乗りに行く九州~その1~ [2015年10月或る列車]

或る列車に乗りに行く九州~その1~

2015年8月に運行開始した或る列車に乗りに行きました。

01_00.jpg
2015年10月某日。4月から運用開始された成田空港第3ターミナルからスタートです。当初は羽田からのSFJを予約していましたが、るるぶトラベルでジェットスター利用2泊3日21,000円のツアーを発見し、さらに地域振興だかの福岡県旅行割引クーポンで1万円引きの11,000円になるので迷わず選択しました。

それにしてもこのターミナル本当に不便ですわ。鉄道駅から歩く距離は長いし、保安検査場から歩く距離も長いし、ソファーは寝転がってる人とかいて民(以下略)。そのうえ、ターミナル2の時は取られなかった空港旅客施設利用料を移転と同時に取るよう(注:既存のターミナルも徴収されるようになりました。既存ターミナル利用時より安価に設定されています)になったものだから不便になって利用者負担は増加で最悪です。

01_01.jpg
ブリッジ

01_02.jpg
ブリッジの上から。このブリッジの動線も面倒。現時点では利用されていませんが、将来的に(いつになるとは言っていない)ブリッジ下を飛行機が通過し、第3ターミナルサテライトの左右両方にスポットが設置されるかもだそうです。現在はブリッジ側から見て見て右側のスポットは飛行機に直接搭乗可能ですが、左側は今まで通りバス搭乗になります。

01_03.jpg
サテライト部分はこんな感じ。簡素ですがお手洗いと売店はあります。携帯電話充電スペースもあります。

01_04.jpg
搭乗口はこんな感じ。大手キャリアは改札口形状になっていますが、LCCはバーコードリーダで搭乗券のバーコードを読むだけなので簡素です。仕切りも紐による簡素なもの。

01_05.jpg
搭乗する飛行機が到着。LCCの午後便によくある到着遅延による出発遅延です。

結局30分以上遅延して出発。特に急ぐ日程ではないので構いません。

01_06.jpg
成田発なので東京上空を西に向かいます。東京ドームやスカイツリーも綺麗に見えました。

上空は若干の揺れがあったものの概ね順調な飛行でした。雲も比較的少なく瀬戸内海などが綺麗に見えました。

01_07.jpg
まもなく福岡空港です。街に吸い込まれていく感じが大好きです。到着も定刻から約30分遅れでした。

01_08.jpg
福岡空港は第1ターミナルPBB利用なのでLCCならではの不便さはさほど感じません。

ホテルにチェックインし天神で軽い夕食を。

01_10.jpg
點心世界

01_09.jpg
いつもはちまきをテイクアウトするだけですが、今回は店内でラーメンとちまきにしました。個人的にはちまきがメインのお店だと思う(以下略)

01_11.jpg
そういえば、食材の買い出しによく利用していたキャナルシティ隣のグルメシティがマックスバリュにリブランドされてました。

つづきます
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
2015年10月或る列車 ブログトップ