So-net無料ブログ作成

SunQパスで乗りバス(の旅)~ダイジェスト後編~ [バス]

00.jpg
SunQパスを利用した九州旅行の後編です。
*はSunQパス対象外乗車です

*薬院1024→天神1027 西鉄天神大牟田線
特急 6504

20.jpg
*天神1030→西鉄二日市1046 西鉄天神大牟田線
特急8000 8053

21.jpg
*西鉄二日市1054→太宰府1101 西鉄太宰府線
旅人3000 3610

22.jpg
太宰府1155→福岡空港国際線1225 太宰府ライナーバス旅人
西鉄甘9444 E-III 久留米200か1003

23.jpg
福岡空港国際線1302→熊本交通C1457 ひのくに
西鉄高4878 三菱ふそうエアロエース QRG-MS96VP 福岡200か3018

24.jpg
熊本交通C1630→天文館1951 きりしま
鹿児島交通 ヒュンダイユニバース ADG-RD00 鹿児島200か879

25.jpg
天文館1952→水族館口1956 2
鹿児島交通 日産ディーゼル KL-UA272KAM改 鹿児島200か1828

26.jpg
桜島フェリーターミナル2015→桜島港2030
桜島丸サクラエンジェル

27.jpg
桜島港2130→桜島フェリーターミナル2145
桜島丸サクラフェアリー 

28.jpg
水族館口2159→いづろ2205 市営バス3
鹿児島市交通局 三菱ふそうエアロスター KC-MP717MT 鹿児島22き981

29.jpg
鹿児島港高速T2325→高速基山0528 桜島夜行
西鉄高4012 西工SD-I KL-MS86MP改 福岡200か2866


10月14日

30.jpg
高速基山0615→人吉IC0818 フェニックス
九州産交 日野セレガ PKG-RU1ESAA 熊本200か598

31.jpg
人吉IC口0842→人吉駅0854 じゅぐりっと
九州産交 三菱ふそうローザ KK-BE63EG改 熊本230あ35

32.jpg
*人吉0930→一勝地0944 やませみ・かわせみ2号
 
33.jpg
*一勝地0947→人吉1001 いさぶろう1号
 
34.jpg
*人吉温泉1101→湯前1226 田園シンフォニー

35.jpg
*湯前1246→相良藩願成寺1328 12D

36.jpg
人吉IC1403→熊本駅前1549 なんぷう
宮崎交通 三菱ふそうエアロクイーン KC-MS822P 宮崎22か1109

37.jpg
熊本駅前1606→市役所前1618 県14
九州産交 いすゞキュービックLV KC-LV280N 熊本22か3097

38.jpg
通町筋1659→熊本空港1740 空港リムジン
九州産交 ヒュンダイユニバース LDG-RD00 熊本230あ354

39.jpg
熊本空港(7)1910→成田空港(161)2100
JetstarGK618 A320-200 JA20JJ


今回利用したSunQパス全九州3日版は3日間有効で1万円となります。1日あたり3,333円乗車すれば元を取れます。今回の行程では余裕で元を取れました。まぁ、ほぼ乗ってただけですしね(^_^;)


以上
田園シンフォニーは別記事でアップ予定です。他は未定です。
タグ:SUNQパス
nice!(1)  コメント(0) 

SunQパスで乗りバス(の旅)~ダイジェスト前編~ [バス]

00.jpg
先日SunQパスを利用して乗りバスしてきました。そのときのダイジェストです。本編はネタ切れの時にやるかもしれませんし、面倒なのでやらないかもしれません。

ダイジェストなので観光地情報はありません。一部行程は省略されています。

10月12日

01.jpg
成田空港(171)0900→鹿児島空港(8)1100
JetstarGK623 A320-200 JA09JJ

02.jpg
機内でSunQパス引換券を購入しました。機内での割引はないので窓口で購入した方がたぶん楽です。JetStarでは現金の他、V/Mのクレジットカードに対応します。

01-2.jpg

03.jpg
鹿児島空港1120→鹿児島中央駅1158 鹿児島空港リムジン
南国交通 日野セレガ QRG-RU1ASCA 鹿児島200か1683

04.jpg
鹿児島中央駅1220→桜島桟橋1235 鹿児島シャトル
鹿児島交通 日産ディーゼル KC-UA460LSN 鹿児島200か1150

05.jpg
桜島フェリーターミナル1245→桜島港1300 桜島丸サクラエンジェル

06.jpg


桜島港1324→黒神中前1357 市営バス60
鹿児島市交通局 日野ポンチョSKG-HX9JLBE 鹿児島200か1564

07.jpg
黒神中前1408→東白浜1429 市営バス70
鹿児島市交通局 日野ポンチョ SKG-HX9JLBE 鹿児島200か1564

08.jpg
東白浜1445→桜島港1501 市営バス60
鹿児島市交通局 日野レインボーRJ KK-RJ1JJHK改 鹿児島200か417

09.jpg
桜島港1530→桜島港1630 市営バス桜島アイランドビュー
鹿児島市交通局 いすゞエルガ QDG-LV290N1 鹿児島200か1870

10.jpg
桜島港1700→溶岩展望所前1720
三州自動車 いすゞキュービックLV KC-LV380L 鹿児島200か1030

11.jpg
溶岩展望所前1739→桜島港1759
三州自動車 いすゞキュービックLV KC-LV380L 鹿児島200か1030

12.jpg
桜島港1800→桜島フェリーターミナル1820 桜島丸サクラフェアリー

13.jpg
鹿児島高速船T1842→鹿児島中央駅1858 鹿児島シャトル
鹿児島交通 いすゞKC-LV380L 鹿児島200か1454

14.jpg
鹿児島中央駅2213→金生町2225 3
鹿児島交通 三菱ふそうエアロスター KC-MP637K改 鹿児島200か944

15.jpg
鹿児島港高速T2325→西鉄天神高速BT0600 桜島夜行
JR九州バス 三菱ふそうエアロクイーン QTG-MS96VP 鹿児島230あ4555


10月13日

16.jpg
天神コア前0623→博多駅0638 5
西鉄愛7726 いすゞエルガ LKG-LV234N3 福岡200か2671

17.jpg
博多BT0656→大手町0825 からつ
昭和バス 西工E-III 福岡200か3284 

18.jpg
唐津BT0840→天神日銀前0946 からつ
昭和バス いすゞガーラ 佐賀200か992

19.jpg
天神7C(コア前)0949→薬院0958 54-1
西鉄柏8544 日野 LKG-KV234N3 福岡200か2376


後編へつづきます
タグ:SUNQパス
nice!(1)  コメント(0) 

WILLER TRAVEL Restaurant BUS 東京クルーズプラン [バス]

新潟市で運行していたWILLER TRAVELのRestaurant BUSが8月13日~28日の期間限定で東京にて運行されています。今回は東京クルーズプラン(ナイト)に参加してきました。料金は1名4,800円でこの手の企画モノにしてはお手頃な価格となっています。

レストランバスの出発地点は東京駅鍛冶橋駐車場からとなります。いわゆるツアーバスが発着していたところで、路線バスになった後も多くの元ツアーバスが発着している場所です。正直なところ旅情も特別な雰囲気も無く、夏休みということで大勢のバス乗車待ちのお客さんと待合室で待ちます。気分が滅入ります。マジ最悪です。

出発10分前の19時35分から乗車受付ということで、その前にバスの外観を撮影。

02.jpg
03.jpg
01.jpg
00.jpg
外観
車両はエアロキングの最終型で、以前は高速バス(ツアーバス)につかっていたモノを改造したモノとなります。なかなかに目立つ感じの塗装です。

バスを撮影していたら、乗務員の方が準備できているので乗車可能ですとのことでしたので同行者と乗車しました。

車内の様子
07.jpg
中ドアから乗車し2階を目指します。

04.jpg
09.jpg
05.jpg
06.jpg
客室は2階で、2人用・3人用・4人用の座席が設定されています。座席は指定できませんが人数に応じて割り振られ乗車時に伝えられます。

08.jpg
1階はキッチンになっていて、東京クルーズプラン(ナイト)では出発前に盛り付けを行っており、その様子も見ることができました。

10.jpg
乗車するとドリンクと枝豆(新潟県産の塩ゆで枝豆)が配膳されます。

11.jpg
ドリンクはビール(キリン一番搾り)、氷結、生茶、リンゴジュースから選べます。2杯目までは基本料金に含まれていて、3杯目からはアルコール類300円、ソフトドリンク200円となります。ビールは1本目は一番搾り、おかわりの2本目は一番搾りの東京造り(横浜工場製造)で 少しだけ東京オリジナルを味わえます(笑)

12.jpg
乗車時は屋根もしまっているので空調も効いており夏場でも快適でした。日中の日差しが強い時間帯でもロールスクリーンがついているので車内の温度は快適に保たれると思われれます。

13.jpg
15.jpg
出発前にメインディッシュの”佐渡の島黒豚ハンバーグ赤ワイン煮込み”も配膳されました。食器類は陶器では無く紙製ですが、こだわったデザインということもあり安っぽさはありません。

14.jpg
いよいよ出発。出発直後にシェフの比嘉 康洋氏よりレストランバスと料理についての説明がありました。今回は東京コースですが、新潟運行時に好評だった料理を新潟の契約農家から仕入れた食材で調理提供していること。枝豆は新潟ですと量が少ないと文句を言われること(普通の感覚ではかなり多めです)。東京運行時は許可の関係でグラスでのドリンクサービスができないこと。東京での運行終了後は沖縄での運行を予定していること。将来的には日本全国を回り、地域地域で色々な企画をやってみたいことなどの説明がありました。

27.JPG
運行コース(GPSログより)
この日は土日祝日の運行コースで、駐車場→東京駅→豊洲→お台場(トイレ休憩)→首都高(レインボーブリッジ)→芝公園ランプ→東京タワー→駐車場でした。

16.jpg
駐車場に停車中は車内照明がついていましたが、走行中は照明が消されて景色が見やすくなります。照明が消されると暗くて食事がしづらいのではと思われるかもしれませんが、走行経路は街灯もある明るいところばかりで困ることはありませんでした。また、テーブル毎に読書灯もありますので、暗いと感じた場合はそれを使うことで自テーブル周辺のみ明るくすることも可能です。

17.jpg
18.jpg
19.jpg
20.jpg
お台場で休憩があります。休憩15分ほど休憩があり飲み物を片手に夜景を楽しんでくださいとのアナウンスもありました。

21.jpg
お台場からは首都高速を通ります。ここからは屋根を開けてオープントップバスに大変身!屋根は最先端の手動式開閉システム搭載!シェフ自ら屋根を開けるという、シェフは雑用係じゃないやろと突っ込みたくなる場面でしたw

22.jpg
屋根を開けると開放感が段違いです。夏場ということで暑いかなと思いましたが、走行中の夜風は心地よかったです。なお、最後尾テーブルは屋根がオープンになりませんのでそこに当たったら残念でしたということで・・・

23.jpg
レインボーブリッジもいつもとは違う目線から眺められました。なお、走行中は一般道が40km、首都高は60kmを目安に運転しているとのことで、レストランバスという特性上乗り心地最優先なのだそうです。乗った感想としては車内で飲食するのに何の問題も無い乗り心地でした。速度もそうですが都内の主要道路は整備状態が良いので乗り心地の良さにも直結していると思います。

24.jpg
芝公園ランプで首都高を降りて増上寺→東京タワーを眺めます。

25.jpg
数寄屋橋交差点を曲がると、楽しかったレストランバス体験もいよいよ終わりになります。

26.jpg
屋根がオープンの状態で立てるのは駐車場で降車するときだけです。目線が違うと景色も違いますね。

感想
レストランバスはとても良かったです。価格も手ごろでお試しもしやすいので気になった方は是非乗ってみてください。
でも、鍛冶橋駐車場出発というのだけはダメ。あそこ出発ではどんな上質なバスを目指しても所詮格安ツアーの域を超えないです。乗車前の待合室、降車後の夜行バスに乗ろうとする地ベタに座った多数の人達の風景・・・もう気分が萎えますよ。せっかくのレストランバスという非日常体験の後にこれだと満足度が低いです。料金を少し値上げしてでもホテルの車寄出発(ホテルロビーを待合場所に)にするなど、非日常を最初から最後まで提供する方が利用客の満足度も高くなるのではないでしょうか。レストランバスを利用しようと思う客層ならホテルのロビーでも決して問題は起こさないと思うのですけどね。

WILLER TRAVEL Restaurant BUS
http://travel.willer.co.jp/restaurantbus/
東京クルーズプランは8月28日まで運行

新型はかた号 [バス]

12月22日運行開始のはかた号(2階建て車両)を撮影してきました。

1370580945_5.jpg

1370580945_169.jpg

1370580945_180.jpg
今までの白夜行塗装から一新された塗装は一見新免の観光バスのようです。

車内は2階が1+1のプレミアムシートと1+1+1のビジネスシート。1階が2+2のエコノミーシートとなります。2階に関しては見ることができませんでしたが、博多で展示されたときの写真を見る限りプレミアムシートはJRのプレミアムドリーム号のと基本的に同じもののようです。ビジネスシートは通常のはかた号と同じ(天龍工業製)です。1階のエコノミーシートは以前あった3列仕様ドリーム号の1階(2+2)と同じような感じでシートピットこそそこそこですが15時間弱の長旅ではきついと思います。なお、1階にも液晶モニター(運転席側前方)があり映画などのサービスは2階と同様に受けられるようです。

はかた号に乗車する場合でプレミアム・エコノミーはこの車両のみですが、ビジネスは通常のSHD車も同じレベルのシートとなります。個人的意見ですがビジネス乗車の場合は頭上空間が狭く空調に難があるDD車よりもSHD車の方が快適だと思います。もっとも繁忙期などで増車される場合以外は乗客がDD/SHDを選択するすべはありませんが...