So-net無料ブログ作成
PC・電気製品 ブログトップ
前の10件 | -

SONYの密閉型インナーイヤーレシーバーMDR-EX150APを購入 [PC・電気製品]

期限が切れそうなポイントが付与されたので、いつものnojima onlineさんでSONYインナーイヤーレシーバーの最廉価モデルを購入してみました。

nojima online
SONY ソニー
密閉型インナーイヤーレシーバー ブルー MDR-EX150AP-LI
http://online.nojima.co.jp/commodity/1/4548736008694/

購入時のお値段は1,601円(送料無料)でしたが、この記事を書くために確認しましたら1,261円に値下げされていました。nojima onlineは1,500円以上で送料無料ですので、もし購入される際には240円くらいのものを一緒に購入するのがお勧めです。たしかA4コピー用紙が300円位だったと思います。


開封レビュー
00.jpg
商品ケースは店頭で吊し売りができるタイプです。

01.jpg
お尻のしっぽを引っ張ると商品が出てきます。

07.jpg
色はBブラック、Rレッド、LIブルー、Lミントブルー、Gライムグリーン、Yイエロー、PIピンク、Wホワイトの8色展開です。

02.jpg
付属品
今回はLI(ブルー)をチョイス。本体の他に、説明書、保証書、ハイブリッドイヤーピース(4サイズ、Mサイズは本体取付済)、コード長アジャスターとなります。

03.jpg
本体
左側にスイッチ付きマイクがあります。スイッチ動作はZenFone3につないだ場合には付属品と同じ動作でした。Xperiaをお使いの場合はSmartKeyに対応していますので、様々な操作が可能です。もっとも、最近のXperiaでしたらノイズキャンセル・ハイレゾ対応のNC750かノイズキャンセル対応のNC31EMをオススメします。

プラグはL字型です。動作保証はしませんが、Zenfone3ではラジオアンテナとして利用できました。


同じようなランクのイヤホンと比べながら本体を見てみましょう

04.jpg
上からMDR-NC31、Zenfone3付属品、本製品となります。
長さは1.25mほどです。長めですがコード長アジャスターで調整できます。分岐はY型です。個人的には一時的にイヤホンを外した際にコードを肩にかけられるu型の方が好みです。音質に関してはコード長を均一化できるY型に軍配が上がるらしいですが、この価格帯の商品で音質というのもナンセンスかと。コスト的なことを考えるとY型の方が間違いなく安く作れそうです。

06.jpg
ドライバー口径はφ9ミリです。比較用NC31はφ13.5ミリな上、ノイズキャンセル用集音装置付きなので大きめですね。それと比較しなくても本製品はコンパクトなサイズとなっています。本体カラーに合ったハイブリッドイヤーピースが4サイズ付属します。

05.jpg
ケーブルは平衡型フィーダー線で見た目に安っぽいです。からみにくいセレーションケーブル採用と謳っているとおり、さわり心地はすべすべで絡みにくい感じはします。


イヤホンで一番重要なのはやはり音でしょう。で、音というのは文章で表現するのは難しいですし突き詰めていくと沼にはまりますからね・・・音に関しては価格を考えれば個人的には十分だと感じます。安い製品ですとドンシャリで高音ばかりの厚みのない音を出すような製品もありますが、本製品はそういう傾向はなくSONY製品として問題の無いレベルになっていると思います。

イヤホンは上を見ればキリが無いですし、個人の好みによってベストバイは変わってきますので、万人にお勧めできる製品は存在しないと思いますが、本製品は価格を考慮すれば音に対するこだわりがない方にとっては十分満足のいく製品だと思います。



SONY製品情報
http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-EX150AP/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自作PCにPLEXTOR PX-256M8PeGを装着 [PC・電気製品]

以前予告したとおり、自作PCにNVME SSDであるPLEXTOR PX-256M8PeGを取り付けました。

PLEXTOR PX-256M8PeGの特徴
・東芝製MLC NANDフラッシュ搭載
・Marvell製コントローラ
・効果が微妙な放熱板を装備
・NVME対応ドライブとしてはそこそこお買い得な価格(購入価格は12,980円)
・5年保証

最近はTLC NANDフラッシュ搭載モデルが主流で、MLCモデルはかなり少なくなってしまいました。以前はSLCに比べMLCは安い代わりに耐久性が微妙だからSLCが良いぜ!って時代もあったのに、今や、TLCよりMLCの方が良いんだぜ!って時代になってしまいました(^_^;) もっとも、TLCモデルがこれだけ主流になったということは、メーカーが研究して問題ないレベルの耐久性を確保できるようになったということなのでしょう。

今回購入したPLEXTOR製品ですが、今年発売された後継モデルではTLC NANDフラッシュになっていて、PLEXTORとしてもTLCで問題ないという結論に達しているのだと思います。もっとも、保証年数が5年→3年になっていますので、暗にお察しくださいな感じでもあるんですけどね(^^;)


開封から取付まで
04.jpg
05.jpg
放熱板付きのモデルは箱入りです。無しモデルはブリスターパッケージになります。

06.jpg
内容物
本体、M.2用ねじ×1となります。ねじはマザーボードに付属されていますが、小さいネジでなくしやすいため付属しているのはありがたいです。

07.jpg
箱に入ってるからブリスターをヒート接着しなくてもよいと思うのですよ。

08.jpg
裏面は製品シールと放熱板外すと保証受けられなくなるよという封印シールが。

09.jpg
Asrock H270-Pro4の取付位置はCPUとグラボの間です。M2_1スロットに取り付けます。

10.jpg
マザーボードと平行に刺します

11.jpg
コネクタに刺さると斜めに浮きますので、ネジで固定して取付完了です。ケーブル類の取付は不要なのでとても簡単に取り付けることができます。

12.jpg
UEFIできちんと認識することも確認

このモデルの初期フォームウェアは1.05でしたが、1.06のアップデートがありますのでアップデートします。

00.JPG
PLEXTORサイトからアップデータをダウンロード

01.JPG
解凍しexeファイルをwindows上で実行(MAC版もあります)

02.JPG
グラフが進むのを待ちます

03.JPG
100%になったら再起動を促すボックスが出ますので再起動してアップデートは完了です。


とりあえずベンチとりますか

13.jpg
PLEXTOR PX-256M8PeG(M.2 NVME)

15.jpg
Crucial CT250BX100SSD1(2.5インチ SATA)

数値だけ見ればSATAモデルに比べ非常に早いです。しかし、使用時にSATAモデルとの違いを体感できるかと問われれば、ほとんどの場合でできないのが実情です。

室温は約26度で、M8Peは最大55度、BX100は最大42度でした。高速アクセスで発熱量が多い上に、放熱面積が小さいためM.2モデルは温度が高めです。最大温度から平常温度まではベンチ後数分で戻りますので、CPUクーラーからの風が少しは当たっているのだろうと予想できます。もっとも、通常利用時も室温+10~15度(SATAは室温+5~7度)となりますので、放熱対策が必要そうです。前回書いたようにトップフローCPUクーラーを利用することにより多少の改善が見込めそうですので、後日試してみようと思います。標準CPUクーラーは回転数が高いときにうるさいですしね。

この後、Windows10をインストールし設定をすれば終わるのですが、Windows10のインストールがうまくいかなくて2日ほど悩みました(笑) 原因はベンチをとるために適当に領域確保とフォーマットを行った事だったのですが、ネットであさっての方向を調べてUEFIをいじったり、PCIEスロットのボードを外したり、M2スロットを別のスロットに差し替えたりと無駄なことばかりやってましたw

ちなみに、Asrockのマザーボードの説明書にはM.2利用時のUEFIの設定などは一切掲載されていません。これは不親切というわけではなく、通常特別な設定をする必要がないからです。
*SATAタイプのM.2デバイス利用時のSATA端子排他利用に関してのみ注意事項記載があります。

結論から書くと、M.2設置→Windows10メディアクリエーションツールで作成したUSBドライブをUEFIモードで起動→Windows10インストールで何の問題もありません。UEFIの設定も不要です。この手順を間違えなければ所要時間は15分くらいでようこそ画面までたどり着きました(汗)

Secure Eraseをして工場出荷時状態に戻します
私の方の原因は適当に行ってしまった領域確保とフォーマットであるとしか考えられませんので、SSDのSecure Eraseを行い、工場出荷時状態に戻した後、上の手順を行ってあっけなくインストールが完了しました。

今回はUbuntuを利用してSecure Eraseを行いました。有料のソフトウェアを利用する方法もありますが、個人ユースでSecure Eraseを行うことは滅多にありませんから、無料の方法で行えば十分だと思います。なお、操作方法を間違えるとSSDが利用不能状態になることもありますので、細心の注意を払って作業する必要があります。

Secure Eraseの手順
1.USBメモリー(4GB以上)をFAT32でフォーマット
2.Ubuntuをインターネットよりダウンロードし、ISOをマウント→中身をUSBへコピー
3.USBよりUbuntuを起動
4.ディスクで初期化するデバイスを特定 例/dev/nvme0n1
5.端末より"sudo -s" を実行しroot権限になる
6."apt install nvme-cli" →パッケージのインストール
7."nvme format /dev/nvme0n1"(上記例の場合)を実行
8.数秒で終了し、Success formatting と出れば成功

8がエラーでうまくいかない場合
8-a."systemctl -i suspend" でサスペンド
8-b.サスペンドから復帰後"nvme format /dev/nvme0n1"
8-c.Success formatting

参考にさせていただいたブログ記事
DXR165様 DXR165の備忘録
2016/08/26 NVMe SSD の初期化・Secure Erase(Format NVM) http://dxr165.blog.fc2.com/blog-entry-334.html


私の環境では、8でエラーが出て、サスペンド→復帰後に再度同じコマンドを実行したところ成功しました。なお、参考にさせていただいたブログではUbuntu 16.04(執筆時点での最新バージョンだったと思われます)を利用されていますが、最新の17.04でも問題なく実行可能です。むしろ、16.04では環境によりサスペンドの復帰に失敗する事があるので、最新のバージョンを利用されることをお勧めいたします。

Windowsインストール後のベンチマーク
14.jpg

ちなみに、ベンチマークは非常に素晴らしい数値が出ますが、実使用時に体感はほぼできません!通常用途ではSATAのSSDで十分だと思われます。M.2は取付簡単&ケーブル不要なので便利な規格だと思います。現状ではM.2のSATAモデルがいろいろな意味で無難なのかなと思いました。

結論
早くベンチとりたいからって、適当な手順でフォーマットすんなし!
タグ:自作PC
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

無線子機としてAterm WG1200HS2も導入 [PC・電気製品]

先日購入したWG1200HP2が割とよい感じでしたので、無線子機用に下位モデルのWG1200HS2も導入しました。

WG1200HP2の紹介記事
自宅の無線LANルーターをAterm WG1200HP2にパワーアップ

購入は定番となったノジマオンライン(^_^;)

nojima online
NEC NEC
11ac対応 無線LANホームルータ Aterm WG1200HS2 PA-WG1200HS2
http://online.nojima.co.jp/commodity/1/4549815291006/

お値段は5,748円(送料無料)で購入時点でのネット通販最安値でした。今はもう少し安くなっています。ここから前回のレビューキャンペーンでもらった500Ptと前回購入後に付与された7月末期限のポイント700Ptなどを利用し4,400円くらいになりました。レビューキャンペーンのおかげでノジマで買うことが増えている今日この頃。


01.jpg
開封レビュー
今回は前回購入のWG1200HSとの比較をしながら


00.jpg
箱には商品説明が色々と記載されています。前回のWG1200HP2は高機能モデル、今回のWG1200HS2は標準モデルに分類されます。外箱から読みとれる違いは、バンドステアリングとオートチャンネルセレクトの有無くらいですね。


02.jpg
開封してみました。
内容物は本体、スタンドパーツ、LANケーブル、ACアダプタ、つなぎ方ガイド、Wi-Fi設定シート(NFCタグ付き)となります。詳細な説明書はネットでの閲覧となります。内容物に関しては本体が違う以外HP2と同様です。


WG1200HP2との比較
03.jpg
下部の機種名ロゴ以外共通です。ロゴの印刷位置が違うのが特徴でしょうかw ロゴを隠したらどっちがどっちか分からなくなること請け合い(^_^;)

05.jpg
裏側の製品名称などが書かれたシールはHP2が黒に白文字、HS2が白に黒文字となり、外観上の一番の違いとなります。

04.jpg
コネクタ側(本体右側)
左(縦置き時の下側)からACアダプタ端子、WAN(1000BASE-T対応)、LAN(1000BASE-T対応)×3、モード切替スイッチ、らくらく無線スタートボタンとなります。端子類はHP2、HS2共通ですし、有線LAN部分の性能は同一です。


子機として利用する際の設定方法
HP2を親機、今回購入したHS2を子機として利用するための設定をおこないます。

06.jpg
まず子機側のHS2のモード切替スイッチをCNVの位置にします。なお、RTはルーターモード、BRはブリッジモードです。

電源を入れて、らくらくスタートボタンをPOWER LEDが緑点滅するまで長押しします。

親機HP2側も同様にらくらくスタートボタンをPOWER LEDが緑点滅するまで長押しします。

しばらく待ったら自動的に設定が行われて待機状態になります。HS2のLANポートにLANケーブルを接続しネットに接続できることを確認し子機として利用できるようになります。ボタン長押しするだけの大変簡単な作業でございましたw

詳細な設定はクイック設定webを利用しますが、動作モードによりクイック設定webのアドレスが変わりますのでそこだけ注意しましょう。詳細はつなぎ方ガイドに記載されています。

子機として利用するための設定が簡単すぎて拍子抜けでした。まぁ、簡単なのは良いことだと思いますけどね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

PLEXのTVチューナー(?) PX-W3PE4を導入 [PC・電気製品]

家族からパソコンでTVが見たいという注文がありましたので、実験的意味合いでPLEX PX-W3PE4を導入してみました。

PX-W3PE4のチューナー部は、地上波×2、BS/CS×2となります。一世を風靡したアースソフトPT3などと同じ(チップや仕様は異なります)です。PT3が販売中ならそちらを導入するところですが、昨年販売終了してしまいましたので代替品としての導入ですね。

00.jpg
01.jpg
Amazonで購入。1.3万円ほどでした。PT3が1万円未満で広く流通していたことを考えると高いかな。

02.jpg
内容物
本体、ロープロ用ブラケット、USB接続ケーブルが付属します。説明書などはありません。あくまでもその辺のことに詳しいか、ネットで調べて解決できる人向けの製品です。

03.jpg
基盤表
空きのパターンはクアッドチューナー仕様が出た時用でしょうか。右上の白いコネクタはUSB接続コネクタです。

04.jpg
基盤裏
PX-Q3PE4のシルク印刷がありますので、将来的にそのような製品が出た際も基盤は流用できるように設計されているようです。

左側の黒い部分はB-CASカードリーダーです。PT3では別途ICEカードリーダーが必要でしたから一体型なのは(正常に安定動作するなら)便利ですね。ブツは台湾製みたいです。外箱にはMADE IN CHINAとあったので中国で梱包でしょうか。

05.jpg
地上波と衛星波が混合されている環境なので分波器も購入しました。こちらもAmazonで購入。600円弱でした。

06.jpg
みなさんお馴染みB-CASカード。自宅に転がっていたのを再利用します。手持ちのB-CASカードが無い場合は天下り団体に電話して有償で取り寄せる(この機器のみ所持ですとたぶん断られます)か、秋葉原あたりに行けば売ってるのではないかと思います。

07.jpg
PCに組み込み。PCI-Eのx4スロットを一つ占有します。USBはMB上のUSB2.0ピンヘッダに取り付けます。ハブなどを通しての接続は動作保証対象外です。まぁ、普通に動くことが多いようですけど。

ソフトウェアは同梱されていませんので、必要なものを揃えます。
PX-W3PE4でTVを見るときに必要なソフトウェア例
・PX-W3PE4用ドライバ(PLEX公式サイトよりダウンロード)
・PX-W3PE4用BonDriver(PX-W3PE4でググった時に上の方に出てくる指南ブログにリンクがありました)
・TVtest

自分は上2つをダウンロードしTVtestは自環境からコピーしました。

設定は特に難しいこともなく・・・
*設定について詳細はググってください*

09.jpg
地上波は普通にうつりますね

08.jpg
スカパー!プロモがうつるのでCSもOK(BSもOKでした)

特に問題も起きなかったので逆に拍子抜け(^_^;) 複雑な事をしようとしたり、環境が特殊でなければ問題なく使える製品みたいです。


*コメント欄について*
この記事に関するコメントは受け付けておりません
この手の製品は違法行為を助長する手段として捉えられる場合も多いようですが、
正規の方法で受信し視聴しておりますので問題は無いと考えております。
申し訳ございませんが、コメント非対応についてご理解の程よろしくお願いいたします。

共通テーマ:日記・雑感

自作PCのマザーボードをAsrock H270 Pro4に交換 [PC・電気製品]

昨年9月にパーツ一式を交換した自作PCですが、今回マザーボードだけ交換しました。

構成(交換前→交換後)
CPU Corei7-6700+虎徹→Corei7-6700+純正クーラー
M/B Asrock H170M Pro4→Asrock H270 Pro4
他は変更無し

00.jpg
Asrock H270 Pro4
今回はamazon購入。dケータイ払いのキャンペーンと同時購入割引がありましたので、実質9,000円くらいでした。代理店はCFD扱い。

01.jpg
内容物
特筆すべき点はなし。取扱説明書は日本語版でした。

02.jpg
マザーボード
PROの印刷ダサいなw 昨今のマザーボードはキラキラ光るものが多いですが、このマザーボードは光りません。

03.jpg
この写真は私がマザーボードを交換した理由を説明するためのもので、交換に至ったのは拡張スロットの配置、M.2の配置を見直したかったからです。ATX規格ですので、グラフィックボードを挿入するスロットと他のスロットに十分な間隔があります。M.2はこの世代のマザーボードから2スロットモデルが増えました。また、設置場所もPCI-Eスロット直下から移動したモデルが多く、発熱的に厳しいNVMEのM.2SSD利用時もヒートシンクなどの対応がしやすくなります。またCPU側のスロットはCPUクーラーをトップフローの大型のものにすれば、そこからの風での空冷効果も期待できそうです。

04.jpg
IOパネル部分
無難な構成ですが、音声系統が6端子から3端子に削減されています(まぁ、自分の使い方だと6端子無意味でしたけど)。USB3.0対応Type-Cコネクタも1つ装備されています。

PS2コネクタ左の穴は、M.2Wi-Fiボードを利用する際のアンテナ端子用です。この穴をアンテナで塞ぐ人の割合は何%位になりますかね・・・まぁ、限りなく0でしょうけどネタとしては面白そうです。


交換作業に取りかかります。

05.jpg
既存の構成。マザーボードがMATXな上、大型のCPUクーラーを利用しているのでゴチャゴチャした感じに。

06.jpg
横から。埃凄いな(^_^;)

07.jpg
マザーボードを取り外し、マザーボードベースネジ受けのmATXのみ利用する部分を外しておきます。

08.jpg
外しました。


部品を移設します

09.jpg

10.jpg
今回はCPUクーラーをサイズ虎徹から純正へ。以前は純正クーラーも中央のコアに当たる部分が銅製で熱伝導の効率化を考慮したつくりでしたが、Skylake世代の純正クーラーはシンプルな安造りですね。これでも、CPUクーラー付属モデルとしては最上級のCPUなんですけどね(^_^;)

11.jpg
移設完了

12.jpg
ケースに組み込んで、配線、各種カード取り付けをおこない作業完了。CPUクーラーが純正になったのでかなりすっきりしました。また、ケース内の掃除もあわせて行いましたのでとても綺麗になりました。

動作ですが、チップセット関連のドライバが新規にインストールされ、そのまま利用できています。ライセンス認証はマザーボードを交換(LANのMACアドレスが変更になるのでアウトなんだと思います)したので外れて再認証が必要でした。もっとも、TH2以降のWindows10ではMicrosoftアカウントと紐付けをしておけば再認証は即座に終了しますので、昔みたいに認証制限オーバー→マイクロソフトに電話→お姉さん(お兄さんの時もある)からコード聞く→PCの入力ボックスに間違わずに入力とかする必要はありません。

今秋にもWindows10の大幅アップデートが予定されているそうなので、そのタイミングでクリーンインストールを行う予定です。

ベンチなどは取っていませんが、CPUは変えていませんし、チップセット的にも1世代新しくなっただけですからPCの性能が大幅に変化することはあり得ないと思います。

次回(いつになるかは未定)
M.2のSSDを取り付けるの巻
M.2の無線LANモジュールを取り付けるの巻
のどちらかを予定しているかもしれません。
タグ:自作PC
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自宅の無線LANルーターをAterm WG1200HP2にパワーアップ [PC・電気製品]

CATVインターネットの頃に購入したルーター(WHR-HP-GN)は壊れる雰囲気もなく元気に活躍していましたが、ひかり回線にパワーアップしてから早数年。所有している無線機器も5GHz帯のac対応しているものが増えてきたので、自宅無線の根幹であるルーターをパワーアップしました。

nojima online
NEC NEC 11ac対応 無線LANホームルータ Aterm WG1200HP2 PA-WG1200HP2 http://online.nojima.co.jp/commodity/1/4549815290993/

お値段は6,450円(送料無料)で購入時点でのネット通販最安値でした。ここ数回、家電製品の購入にnojima onlineを利用することが多いのですがそれには理由があります。簡単に書くとノジマポイント沼にハマっているだけなのですけど(^_^;) ノジマで購入→レビュー書く→ポイント貰えるでポイントが貯まる上に、今月はお誕生月ポイント(誕生月限定)も貰えたのでノジマしかあり得ない状況でした。まぁ、ネット通販最安値でしたので迷う意味もなかったですけどね。

開封レビュー
00.jpg
箱には商品説明が色々と記載されています。ネットでは関係ありませんが、店頭で購入する際には参考になりそうですね。

01.jpg
02.jpg
開封してみました。
内容物は本体、スタンドパーツ、LANケーブル、ACアダプタ、つなぎ方ガイド、Wi-Fi設定シート(NFCタグ付き)となります。詳細な説明書はネットでの閲覧となります。

03.jpg
ACアダプタサイズ比較
白いアダプタはau共通ACアダプタ05です。本製品のACアダプタは比較的コンパクトですし、横幅が狭いのでマルチタップなどとの相性も良いです。

04.jpg
本体カラーはブラックです。質感は値段相応です。写真のような縦置きの他に、横置き、壁掛けが可能です。

05.jpg
コネクタ側(本体右側)
左(縦置き時の下側)からACアダプタ端子、WAN(1000BASE-T対応)、LAN(1000BASE-T対応)×3、モード切替スイッチ、らくらく無線スタートボタンとなります。

サイズ比較

07.jpg
正面

06.jpg

今回のサイズ比較にはキンカン(120ml)に登場していただきました。サイズ的にはキンカン(120ml)を横に2つ並べたサイズとなります。この手のルーターとしては標準的なサイズでしょうか。アンテナは内蔵タイプですので突起部分はありません。


設定はクイック設定webを利用し、PCブラウザやスマートフォンから可能です。基本的には必要最低限の設定項目が表示されますので必要に応じ設定しますが、ほとんどの環境では初期状態のままでそのまま使えてしまいます。簡単に設定できるのはよいのですが、今まで使っていたBUFFALO製品に比べ設定できる項目が少なかったり、ルーターの状況を確認する項目が少なかったり、作動ログをチェックできなかったりで必要かどうかは別として物足りない印象も。クイック設定webに詳細モード等のもっと細かく設定や状況確認できるモードがあると嬉しかったかも。

今まで利用していたWHR-HP-GNではアンテナが付いていましたが、こちらのWG1200HP2ではアンテナは内蔵タイプです。見た目だけですとアンテナが付いているWHR-HP-GNの方が電波が隅々まで届きそうな雰囲気がしますが、自宅で試した限りでは両者で大きな差はなく、自宅のどの場所でも問題なく無線接続が可能でした。NECの商品紹介によると【NEC先端技術”極技(きわみわざ)”、[μEBG構造][μSRアンテナ]で快適な通信を実現】あり、それらの技術が快適な通信環境の構築に寄与しているようです。

今回購入したWG1200HP2には下位機種としてWG1200HS2がラインナップされています。両者の大きな違いはバンドセレクト機能の有無となります。バンドセレクト機能とは2.4GHz帯と5GHz帯で同一SSIDを利用し接続状況により自動的に両帯域を切り替える機能です。使い方によるのでしょうが、木造2階建ての自宅ではルーターを設置している1階では安定して5GHz帯をつかむものの、2階では2.4GHz帯を優先的につかむ傾向(5GHz帯に比べ電波が強いため)があり、2階でも高速通信可能な5GHzが利用できるのにそれを享受できないためオフにしてしまいました。環境によっては便利な機能ですが、私の環境では不要な機能だったようです。

発売時期の関係から価格差が600円程度でしたのでHP2を選びましたが、上記のように自分の使い方だとHS2でも良かったかもしれません。

08.jpg
ac対応のZenFone3でac(5GHz帯)で接続したときのスピードテスト
電波感度次第で速度は変わりますが、スマホでは充分という速度が出ています。というか、スマホでストリーミング動画を見ない自分にとってはとくに実感できない増速だったりしますけど(^_^;) スマホでこの速度が出るようにac対応ノートパソコンでも同じように通信速度が大幅に改善しました。パソコンでは大容量のデータをやりとりすることも多いので、ストレスが大幅に減少しました。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カシオ置き時計 DQD-805J-8JF を購入してみた [PC・電気製品]

小学生の頃から使っていた目覚まし時計が壊れてしまったので、ノジマオンラインでカシオの電波置時計DQD-805J-8JFを購入しました。

nojima online
CASIOカシオ
目覚し時計 WAVE CEPTOR ウェーブセプター デジタル 電波時計 日付表示 温・湿度表示付 DQD-805J-8JF
http://online.nojima.co.jp/commodity/1/4549526101687/

お値段は1,600円ほどでネット通販最安値ではありませんでしたが、今回はポイントが余っていたのと、GW期間限定の500ポイントが付与されていましたのでノジマにて購入となりました。ノジマは1,500円以上で送料無料なので、そういう意味ではちょうど良い価格だったり(^_^;)

商品は夜注文して4日目に到着しました。発送目安は3営業日でしたから予定通りの到着でした。営業終了しているであろう夜注文した事を考慮すれば予定より早着だったとも言えますね。

開封レビュー

00.jpg
箱はかなり小さいです。茶箱に商品シールだけ貼られたカシオの廉価帯時計では標準的なパッケージです。

01.jpg
開封してみました
内容物は本体、単三乾電池、説明書、保証書となります。

02.jpg
単三電池が付属しているので分かりますが、使用するのは単三電池×2本となります。電池寿命は約1年となります。

03.jpg
電池を入れてみました
時刻は電波を受信すれば自動で設定されるので放置で大丈夫です。温度と湿度は、室内の他の温・湿度計と近い数値でしたのでそれなりに正確でしょう。

サイズ比較
04.jpg
正面

05.jpg

左からドコモN-01G、置時計、XYLITOLガム、ユースキンA120gです。事前に分かっていましたが、置時計としてはかなりコンパクトなサイズとなります。

06.jpg
目覚ましは1つ設定(アラーム・スヌーズ共用)できます。目覚ましのスイッチをアラーム・スヌーズの位置にすると、日付表示部分にアラーム時刻が表示されます。セットする際には1分ごとの変更になりますので、目覚ましをセットする時間を頻繁に変更する場合は不便に感じる事も。目覚まし音は5種類、音量も5段階で選べます。スヌーズは5分ごとに最大7回です。

07.jpg
上部はすっきりでボタンなどはありません
目覚まし時計を止めるときは正面にあるスヌーズ/ライトボタンを押します。この手の置時計ですと時計上面に大きめなボタンがある場合が多いので好みの分かれるところです。寝ぼけている状態で止めるのは苦戦しますが、それだけ確実に起きる事ができるとも考えられなくもないですね(>_<)

08.jpg
バックライトはアンバー色。光量は十分だと思います。

カシオの電波置時計がこの価格なら充分にお買い得だと思いますが、サイズが予想以上に小さいですからネットで注文する場合は実店舗でサイスを確認してからの方が良いかもしれません。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

SONY α6000用に超広角レンズSEL1018を購入しました [PC・電気製品]

α6000購入したよ~って記事で広角レンズか広角で撮れるコンデジ欲しいって書きましたが、熟慮した結果α6000用に超広角ズームレンズのSEL1018を購入しました。

00.jpg
SONY SEL1018
ノジマオンラインで72,910円で購入。ノジマオンラインはdケータイ払い+対応ですので、3月にやっていたポイント20倍還元キャンペーンとクレジットカードのポイントなどを加味すると56,000円位でした。昨今のアベノミクスのせいでレンズの値段も上がってて・・・マジ勘弁です。発送は3週間程度という事でGWまでに間に合えば良いかなという感じでしたが、10日ほどで到着しました。商品出荷までの連絡も頻繁にありましたので安心して購入できました。

ノジマオンライン:【超広角ズーム】Eマウント用ズームレンズ E 10-18mm F4 OSS SEL1018
http://online.nojima.co.jp/commodity/1/4905524894875/

箱はオレンジ色でした。初期は白ベースの箱だったようなので古い在庫ではないようです。

01.jpg
レンズのサイズ比較
左からSEL1018、SELP1650、SEL55210、クリスタルカイザー500mlです。

02.jpg
SEL1018
このレンズはAPS-C Eマウント対応の10~18mm/F4 OSS(35mm換算で15mm~27mm)に対応した超広角ズームレンズです。ズーム全域F4で手ぶれ補正機能付き、重量は230gほどの軽量なレンズとなっています。

03.jpg
レンズ経は62mm。とりあえずkenkoのPro1D(W)のプロテクター付けました。簡単にチェックした限りではケラレは発生していません。

04.jpg
05.jpg
α6000装着例
レンズは最短時が18mm、最長時が10mmとなります。

06.jpg
レンズフードはレンズ本体に装着するタイプで、ズームに連動して動きません。収納時は逆付けも可能です。

07.jpg
08.jpg
参考:α6000+SELP1650
ズームレンズキット付属の標準ズームです。俗に言うパンケーキズームレンズなのでサイズを比べるのもバカバカしいですが、このレンズと比べるとSEL1018はかなり大きく感じますね。

サイズは標準ズームより大きめですが、比較的小型軽量のレンズとなっていて常用レンズとして利用できそうな感じです。とりあえず試し撮りしに行きたいです。

SONY SEL1018
http://www.sony.jp/ichigan/products/SEL1018/

Nojima Online 期間限定レビューキャンペーン
2017年4月度MVPにこの記事が選ばれました。ありがとうございました。
のじま.JPG

自作PCにRADEON RX460のビデオカードを搭載してみた [PC・電気製品]

昨年秋にパーツをほぼ総取っ替えした自作PCですが、先日ビデオカードを増設しました。ゲームはやらないのでオンボードで十分かなと考えておりましたが、いざ利用しているとタブブラウジングでカクカクしたり、動画再生やTV視聴でプチフリのような症状が出るのでそれの対策的意味合いです。

今回はAMD RADEON RX460を搭載した"Sapphire NITRO RADEON RX 460 4G GDDR5 PCI-E HDMI / DVI-D / DP OC VD6110 SA-RX460-4GD5NOC001"という商品の箱ズレ品をPC4Uで購入。今回購入したNITROの4GBモデルは2月中旬頃に価格が約1.5万円から一気に1万円以下に下がりました。

今回RX460を選択したのは"AMD Fluid Motion"という動画をなめらかに再生できる技術に興味があったのが大きいです。ゲームをするならGeForce GTX1060以上を選ぶのが無難でしょうし、ゲームはたまにしかやらないのであれば同じくGeForce GTX1050シリーズが鉄板な現状ですが、その辺は気にしない。

00.jpg
Sapphire NITRO RADEON RX 460 4G GDDR5 PCI-E HDMI / DVI-D / DP OC VD6110 SA-RX460-4GD5NOC001
箱ズレ品という事でしたが、店頭でバンドが巻かれている商品より明らかに綺麗な件w まぁ、箱ズレは販売店への大人の事情で単純な在庫処分である事は間違いないでしょう。

01.jpg
新品扱いですのでメーカーの12ヶ月保証がつきます。
ASKさん・・・ASK税とか取らずに最初から適正価格で売れば余剰在庫も圧縮できたんじゃないですかねぇ

02.jpg
内容物は本体、ドライバディスク、説明書一式のシンプルな構成。

03.jpg
本体はOCモデルでデュアルファン構成です。接続はPCIEx16形状ですが配線はx8です。

05.jpg
接続端子はDVI-D、HDMI、DPで特筆すべき点は見当たりません。

04.jpg
RX460は75W以下で補助電源不要モデルが一般的ですが、OCモデルモデルですので6Pin補助電源が1つつきます。省エネ重視のエントリークラスでOCして補助電源とかコンセプトがメチャクチャだと思う。

06.jpg
自作PCに装着。壁ができましたw

自作PCの構成
CPU:intel Core i7 6700
CPUクーラー:虎徹
M/B:Asrock H170M Pro4
電源:SeaSonic SSR-450RMS

07.jpg
CPUクーラーとの隙間はこんな感じ。バックプレート付きのビデオカードだと干渉するかもしれませんね。

08.jpg
M.2コネクタはビデオカードで完全に隠れます。M.2増設時に放熱用部材を取り付けるのは厳しそうです。なお、ビデオカードのファンの風はちょうどいい感じにあたります(ファンが動いてるとき限定)。

昨今の流行なのか光ります(正直光らなくて良いのですがw)。
09.jpg
NITROロゴは緑

10.jpg
補助電源側のファンは青
*この光り方が正しいのか、初期不良でココしか光らないのは不明。

11.jpg
このデュアルファンですが本体温度が50度以下の時は止まります。昨今のトレンドは押さえていますね。止まっているときは当然ですが無音です。

装着後にベンチを取って載せるのが良いのだと思いますが、このクラスのビデオカードでベンチ気にする人とかいないと思うので省略。性能的にはGTX750Tiくらいだそうです。

13.jpg
14.jpg
12.jpg
温度は室温20度の部屋でハードウェアモニターによる表示は、通常時26~30、動画再生時35~38、ゲーム(A列車9)45~48という感じです。動画再生時はメモリークロックが上限の1750MHzまで上がり、ゲーム時はGPUのクロックも上限まで上がります(上限張り付きではない)。それにあわせて温度も上昇しますが、動画再生やゲームをやめるとファンが止まっていても徐々に温度が下がっていき通常時の温度に落ち着きます。冬場ですと実質ファンレスですね。暖かくなれば50度を超える事も出てくると思われますが、起動時のファン音を聞く限りでは比較的静かですのでそこまで気にならないかなと予想します。


AMD Fluid Motion
Fluid MotionはMPC-HCとBlueskyFRCを利用しました。方法はググれば出てきますので割愛。

Fluid Motionですが24p/30pの動画を中間フレームを生成し60pに変換する機能となります。フレームレートが倍になるわけで当然なめらかな動きになります。動画コンテンツによっては不自然な感じになる場合もありますが、そういう場合は機能をオフにすれば良いのかなと思います。動画ですので口で伝えるのは難しいですが、私でも実感できましたので、ほとんどの方がこの機能による動画のなめらかさを実感できるのではないでしょうか。動画をよく見る方ならこの機能のためだけにAMDのGPUを選択するのもありだと思いますね。


今回のポイント
良かった点
・AMD Fluid Motion
・GTX750Ti程度の性能とは言え4GBモデルのビデオカードが1万円以下はお買い得でした
・セミファンレスで通常時は静か
・数年前に比べてドライバの安定性が向上した

悪かった点
・折角の補助電源なしが可能なGPUなのにOCモデルして補助電源つき
 →エントリークラスのビデオカードでOCモデルが必要なのか甚だ疑問です。高性能が欲しいなら上のモデルを買うのが無難なのでは?
・光る
 →個人的にはいらないし、光り方が微妙なので光り物好きな人も満足できないと思う

微妙
・ASKの売り方はそろそろ再考したらと思います。ASK税とかユーザーを馬鹿にしすぎ。


AMD RX460搭載のビデオカードは、今までの価格ですとコスパ的に微妙でしたが、約1万円に値下げされた現在ではゲームをしない方にオススメのビデオカードだと思います!


今週末にはいよいよAMDの新CPUであるRYZENが発売開始!さらに新GPUのVEGAも控えています。新CPUはintelに真っ向勝負できる性能を備えているようなので、今年の自作業界はAMD躍進の年になりそうです。AMDが元気だと競争相手も頑張るので、良い意味での活性化も期待できますね。
タグ:AMD RX460

SONY α6000(ILCE-6000Y)を購入しました・・・2月に [PC・電気製品]

今更ですが、今年の冬にカメラ買ってました。写真は撮っていましたがブログにはあげてないようなので年越す前に記事に。

07.jpg
SONY α6000
2016年2月頃購入しました。2015年にもキヤノンのEOS M2を購入していましたが買い換えました。M2はお世辞にも満足できるカメラでは無かったです。トリプルレンズキットのEOS M11-22の超広角レンズは素晴らしかったのですが、本体があまりにもダメダメでした。すでに旧製品ですので新製品では不満点も改善していると思いますが、主な不満点は・・・

EOS M2の不満点
・AFが鈍足&迷う
 →カタログにはCMOSハイブリッド云々でAF遅くないよーって書いてありましたが、一昔前のコンデジレベルでした。あと結構な確率で迷う印象でした。EOS MレンズではMFも可能ですが私の使い方ではMFを多用する機会は無いので、AFが思うようにヒットしないのは撮影していてストレスがたまりました。
・電池持ち
 →一眼レフに比べ持ちが悪いのはカタログから想像できましたが予想以上に悪かったです。1日の撮影(400枚弱)で3本必要とか実用的にきつかったです。しかも純正品の電池は容量の割にお高いんですよね。これはキヤノンに限りませんが純正電池を使わせたいならもう少しリーズナブルな価格にして欲しいです。
・撮影までの手順
 →電源を入れて、レンズを繰り出すという2ステップ必要なのが面倒でした。レンズを繰り出したら自動的に電源が入る(Nikon1方式)など一工夫あると良かったと思いました。

満足した点としてはやはり超広角の11-22レンズですね。超広角レンズは今まで使ったことがありませんでしたが、風景や室内撮りで大活躍でした。これが3万円少々で買えるのですから、EOS Mを利用している方なら買わない手は無いですね。本体がもっとまともだったら使い続けていたと思います。先代のM3や最新モデルのM5なら満足していたかもしれませんね。

09.jpg
新しく購入したのはSONYのα6000(ダブルズームキット)です。SONYはNEX-5R以来の購入となります。カメラの格としてはM2よりα6000の方が上だと思いますし、M2は一眼レフのサブ機でしかありませんが、α6000なら一眼レフ機から移行できる性能だと思います。もちろんレフ機に及ばない部分はありますが、私としては概ね満足しています。

10.jpg
08.jpg
α6000ダブルズームキット ILCE-6000Y (カメラのキタムラ74,800円・SONY1万円キャッシュバック)
カメラのキタムラの会員限定特価で79,800円、何でも下取りでリサイクルショップで購入した50円のコンデジを下取りして5,000円引きでした。今も同じような値段で売っているので価格が下がらない良機ですねw 現在はα6300、α6500という後継機(上位機)が販売されていますが、値段や性能を考えると今買ったとしてもα6000にしたと思います。

アクセサリーも揃えました

04.jpg05.jpg
SONYアクセサリーキット ACC-TRW (Amazon8,650円)
予備充電池は必須なので充電池も購入。充電池単体でも6,000円以上するので、充電器セットを購入しました。α6000は本体にUSBケーブルをつなぎ本体で充電するタイプの充電器が付属していますが、充電時間や充電中に本体を利用できないことを考慮すると充電器はあった方が便利だと思います。実際に便利というか標準付属にして欲しいわ。あと純正充電池高すぎ。

11.jpg
標準付属のUSB充電器は携帯の充電器サイズ

12.jpg
充電器2つになったので、同時に2本充電できるのはメリットですけど。

03.jpg
HAKUBA液晶保護フィルム DGF2-SA6000 (Amazon709円)
保護フィルムは消耗品なので値段で選びました。画面に傷がつくと非常に見づらくなるので予防措置で貼った方がいいと思います。

00.jpg
HAKUBA一眼カメラケース カメラジャケットM DCS-02MBK (Amazon1,345円)
鞄に突っ込む時用の汎用ケースです。16-50・55-210のレンズどちらでも収納できます。

02.jpg
STOK SONY PZ16-50mm専用オートレンズキャップ Z-CAP (Amazon3,020円)
付属の標準ズームレンズSELP16-50用のレンズキャップです。このキャップを付けることでコンデジのように自動でレンズキャップの開閉が可能になり撮影時の手間が省け、レンズキャップ紛失の心配も無くなります。お値段を考えると品質はちょっと低いかなと思いますが、便利なのでSELP16-50を利用している方に非常にオススメします。というか、SELP16-50は気軽に撮影するためのレンズですから、この機構標準装備にして欲しいです。

01.jpg
Kenkoレンズフィルター MCプロテクターNEO49mm (Amazon1,031円)
こちらは望遠ズームのSEL55-210用のレンズフィルターです。特記事項無し。

06.jpg
SONYミラーレスカメラでレンズキットを購入するとボディキャップ・レンズリヤカバーは付属しませんので必要に応じ購入。私はレンズ付けっぱなしなので必須では無いですが、SONYポイントが余っていたので購入しました。写真にはありませんがアクセサリーシューカバーも購入。NIKONのオプション品は純正でも100円位なのにSONYは1,000円超ですよ。アクセサリー類ぼったくりすぎじゃないですかね(^_^;) 前モデルのNEX-6までは標準付属だったので標準付属に戻して欲しいですわ。

α6000を約1年利用してきましたが概ね満足しています。一眼レフよりコンパクトで同等の性能を持っているので大概の方は満足できるのでは無いでしょうか。


α6000 満足している点
・AFが早い
 →ファストハイブリッドAF(4Dフォーカス)の2世代目となるα6000ですが、AF性能はエントリーモデルの一眼レフ以上だと思います。条件によっては若干不利な面もあるようですが、すっとピントが来るので撮影時もストレスはたまりません。
・連写がすごい
 →秒間11コマで撮影できます。追従フォーカス(AF-C)時も同等の連写撮影ができるのは圧巻です。歩留まり?それなりにピントきますよ。
・適度なサイズの本体
 →ミラーレスカメラとしては大きめのサイズですが、一眼レフに比べるとコンパクトです。レンズ・電池込みで500g程度ですから気軽に持ち歩けるのもいいですね。このコンパクトなサイズにファインダーまで装備しているのだから驚きです。

少し不満な点
・16-50レンズ
 →このレンズは写真の完成度より、コンパクトさ(携帯性)に重点を置いているので写りはそれなりです。24-75mmの標準ズームですがカメラ本体のトリミングズーム機能で150mm位までは実用的に使えますので、これを付けておけば通常の撮影なら不満はありません。不満なら16-70レンズを購入しましょう。
・電池持ち
 →EOS M2に比べれば遙かに実用的な電池持ち(1本で1日は大丈夫)なのですが、一眼レフ機に比べるとやはり心許ないですね。この本体サイズを考えると、これ以上の大容量電池パックは無理でしょうから仕方が無いと言えばそれまでですが。
・本体の軽さ故の・・・
 →α6000にも所謂便利ズームが存在します。実は夏頃に便利ズームを購入しようと思い色々と試した結果諦めました。便利ズームで一番軽量だと思われるSONY18-200E、タムロン18-200でも、レンズヘビーになりバランスが悪かったです。α6000に比べ重たくなったα6300やα6500ならバランス良さそうですが、システム全体が重たくなってしまうのはミラーレスのメリットをスポイルしてしまいます。

作例は2016年2月台湾旅行以降の記事をご参照ください。その記事以降はこのカメラかスマホで撮影した画像になります。


α6000は一眼レフに比べ携帯性は良く、気軽に持ち歩けます。購入して11ヶ月で2万ショット以上撮影しているのですが、このカメラのシャッター耐久性ってどのくらいなんでしょうか(謎) 10万回としてこのペースなら5年ですか。まぁ、デジタル物で5年も使えれば問題もなさそうですが。


α6000用のSEL10-18レンズ、または、カシオEXILIM EX-ZR4000(35mm相当で19~95mmの超広角コンパクト)が欲しい今日この頃。レンズ付け替えは面倒なので画質は我慢してZR4000がいいかなと思っています。価格もここに来て3.5万円を切ってきているのでお得感も出てきましたし。

SONY α6000
http://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-6000/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - PC・電気製品 ブログトップ