So-net無料ブログ作成
検索選択

さくらの山公園で撮影~今日は成田空港開港記念日~ [飛行機]

用事があって成田空港まで行ったので、さくらの山公園で2時間ほど撮影してました。

本日5月20日は成田空港開港記念日で、1978年5月20日に新東京国際空港として開港しました。

今回はジャンボが撮影できればいいなぁって感じで・・・武器はカメラとフライトレーダー24アプリインストール済みスマホです。

駄作ばかりですが撮影した写真を何点か

16.jpg
17.jpg
18.jpg
タイ国際航空 TG676 A380-800(HS-TUF)

06.jpg
07.jpg
08.jpg
ヴォルガ・ドニエプル航空 VI3027 An-124-100 Ruslan(RA-82042)
なんだか珍しい*機材が飛来しました。サンフランシスコから何を運んできたのでしょうか・・・
*成田空港には時々飛来するようです。

04.jpg
05.jpg
エアチャイナ CI101 B747-400(B-18208)
日本で一番気軽に乗れるジャンボだと思われます。

22.jpg
23.jpg
24.jpg
デルタ航空 DL276 B747-400(N670US)
肉眼ではエンジンからの黒煙が素人目には凄かったですが、現時点でアラスカ付近を飛行中なので問題は無いようです。

20.jpg
21.jpg
大韓航空カーゴ KE551 B747-8(HL7629)

25.jpg
日本貨物航空 KZ192 B747-8(JA12KZ)
旅客型は希少種となったB747も貨物型ならまだまだよく見かけます。

02.jpg
エアータヒチヌイ TN77 A340-300(F-OJTN)
撮影した時間帯ではA340は1機のみ。個人的には-300よりも長胴型-600の細長い感じが好きです。

19.jpg
日本航空 JL860 B767-300(JA610J) JALドラえもんJET
ドラえもんが描かれた特別塗装機。

15.jpg
フィリピン航空 PR433 A321(RP-C9926)
フィリピン航空75周年ペイント(1941年就航)。ロドリゴ・ドゥテルテ・フィリピン共和国大統領の2016年訪日時に搭乗した機体です。

09.jpg
ANAウィングス NH3240 DHC8-Q400(JA852A)
プロペラ機に4000m滑走路とか贅沢な(^_^;)

10.jpg
全日空 NH173 B777-300ER(JA782A)
上のプロペラ機着陸直後に滑走路に進入

11.jpg
12.jpg
13.jpg
14.jpg
風向きや進入高度に問題は無いように見えましたがゴーアラウンドとなりました。原因はプロペラ機が滑走路から離脱できてなかったタイミングで着陸だったからですかね。なお、約20分後に無事着陸しました。

01.jpg
全日空 NH926 A320neo(JA212A)
ぱっと見は日本でもLCCでよく見かけるウィングレット付きのA320ですが、A320最新バージョンのA320neo型です。2017年3月登録のANA最新機材です。

00.jpg
ユナイテッド航空 UA78 B737-800(N37298)
B737でこのタイプのウィングレットって希少ですね

参考
03.jpg
厦門航空 MF816 B737-800(B-5707)
一般的なB737NGのウィングレット

10年ほど前までは成田空港と言えばジャンボなどの大型機というイメージでしたが、LCCの就航や機材の双発化や経営戦略の変化によるダウンサイジングによる小型化がすすみ、B737やA320といった比較的小さな飛行機が目立つようになりました。いろいろな国の航空会社が飛来する成田空港は飽きない空港ですが、機材が小さくなると地味な感じが・・・

途中で寄り道したらUAの747着陸に間に合わなかったのは内緒だw

ANA B747-400D テクノジャンボラストフライト~その7~ [飛行機]

保安検査場を通過し、ひとまずラウンジで落ち着きます。

07_00.jpg
ラウンジ入り口には手作りのボードが。

ラウンジを後にし、32番ゲートのセレモニー会場に向かいます。
07_01.jpg
すごい人ですねぇ。

07_02.jpg
とりあえず、白髪のプレスが邪魔で地元テレビ局が退散したスペースをゲット。というか、マスゴミ同士でグダグダするのやめて欲しかったわ。

07_03.jpg
セレモニーは出席者のジャンボに対する思いを感じる式辞があり、機長に花束贈呈、最後に参加者揃っての記念撮影がありました。

07_04.jpg
まもなく出発するジャンボを撮影。

予想通り搭乗が遅れているので、ラウンジでまったりして再び搭乗口へ。
07_05.jpg
そろそろ搭乗します。

07_06.jpg
PBBに続く通路はジャンボを撮影するお客さんが停留して混雑していました。

07_07.jpg
なんとなく花にピントを合わせてみたり(笑)

07_08.jpg
PBBが2カ所ある空港ではこのようなボードが必ずありますが、2階席の案内もこれで最後です。

07_09.jpg
いよいよ機内に。CAさんがジャンボ登場時の制服でお出迎えです。

つづきます。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ANA B747-400D テクノジャンボラストフライト~その6~ [飛行機]

いよいよジャンボラストフライト当日になりました。

06_00a.jpg
ホテルで朝食をとり、ホテルの送迎車で空港に向かいます。

06_00b.jpg
空港到着は9時40分前。お土産が邪魔だったので荷物を預けました。この日は春休みですし、年度末と言う事で空港も大混雑。私はプレミアムカウンターで預けられましたが、一般カウンターで預けたら小一時間はかかったかもしれません。

プレミアムカウンターでイベント情報を教えて貰ったのでイベントを見に行きます。
06_03.jpg
イベント内容は、2階広場で寄せ書きと物品販売。搭乗ゲートで式典でした。

06_01.jpg
06_02.jpg
物品販売はジャンボの廃部品とANAフェスタでも販売している記念グッズでした。廃部品の方は朝早くからファンが並んでいたようで、私がついた時点で整理券の配布が終了していました。

なんだかんだで時間が過ぎてしまい、市内に買い出しに行く予定はキャンセル。空港内でジャンボを撮影する事にしました。

那覇空港には4階と3階展望デッキの2カ所に見学ポイントがありますが、展望デッキは有料ですし、それほど眺めが良いわけでもないので4階から撮影します。

06_05.jpg
3月迄に一括前払いしても消費税差額を徴収する某公共放送もきていました

とりあえず中央付近のガラスがクリアな場所をキープできましたので、2列目ですがそこから撮影する事にします。

06_04.jpg
JAL&SNAじゃなくてソラシド。JALのB777-200はドリームエクスプレス(要はディズニー)でした。

06_06.jpg
つづいてJALのB777-300。こっちはワンワールド。個人的には777は優秀な飛行機ですが地味な感じがします。

06_07.jpg
定刻から数分遅れで東京からのB747-400Dが到着。

06_08.jpg
やはりジャンボ機は大きいですね。

06_09.jpg
沖縄の海をバックに撮影できるのも最後です。

06_10.jpg
正面から。ジャンボらしさが表れるカットですよね。

06_11.jpg
予定通り32番スポットに向かいます。

06_12.jpg
32番に到着。

数年前までJAL・ANAとも747ばかり運行されていた那覇空港ですが、ついに最後の運行となります。

つづきます。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ANA B747-400D テクノジャンボラストフライト~その5~ [飛行機]

那覇空港に戻ってきました。といっても、本日搭乗予定のフライトはありませんので見物に来ただけです。

まずはLCCターミナル。シャトルバスは那覇バスが担当し、この日は2台で約10分間隔の運行でした。
05_00.jpg
車輌は三菱ふそうのエアロスターノンステップ。雰囲気的に首都圏の事業者のお古でしょうか。

05_01.jpg
LCCターミナルの管内はまさに倉庫。就航しているのはANA系列のLCCのみです。というか、ここ元ANA貨物ターミナルですし。

05_02.jpg
ターミナル付近からはこんな感じで飛行機が見れます。

つづいて今年新しくなった国際線ターミナル。
05_03.jpg
現在は外を通っての連絡となりますが、将来的には国内線ビルと一体化される予定です。

05_04.jpg
解体中の旧国際線ビルと最近北側に増築が行われた国内線ビル。

ターミナル内の設備は今までと変わらない感じです。動線は分かりにくくなったように思います。

05_05.jpg
展望デッキはこんな感じ。網ですね。

05_06.jpg
一応網を消して撮影も可能ですが、カメラ用の穴とかはありません。

05_07.jpg
展望デッキ自体は開放的で良い感じです。海も眺められます。入場料は無料(国内線ビルの展望デッキは有料)です。

05_08.jpg
展望デッキから飛行機はこんな感じ。網なんて関係なかった(笑)
ただし、風向きによっては網が邪魔になる事間違い無しです。

05_09.jpg
以上、ジャンボ退役を翌日に控えた那覇空港でした。

市内に戻り夕食にします。

05_10.jpg
最初このお店に来ました。時間は20時少し前ですが長蛇の列です。諦めます。

05_12.jpg
最終的に国際通りのステーキハウス88にしました。

05_11.jpg
オリジナル88ステーキ、石垣牛とろ寿司、オリオンビール、梅酒で4,000円弱でした。味も美味しかったです。

つづきます
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ANA B747-400D テクノジャンボラストフライト~その4~ [飛行機]

04_00.jpg
前回の記事でホテルからの眺望を載せていなかったので(笑)

04_00b.jpg
エレベーターホールから海側。低層階でも海側の方が眺めは良いですね。

時間は15時頃。24時間有効なゆいレール1日乗車券を購入しましたし、ホテルでボケ~っとするのも性に合わないので、近場の観光に行きました。

04_01.jpg
とりあえず儀保駅で降ります。首里駅まで行くのが一般的ですが、あそこ客待ちのタクシーがウザイので(^_^;)

04_02.jpg
1.2kmほどですが、上り坂がきつめなので、楽に行きたい方は首里駅がオススメ。

首里城公園
04_03.jpg
04_04.jpg
04_05.jpg
04_06.jpg
04_07.jpg
04_08.jpg
写真だけです


17時前に首里城から退散。まだ時間があるので国際線ビルが新しくなった那覇空港に遊びに行く事にしました。

04_09.jpg
自分の乗車したゆいレールの1本前はラッピング車でした。

04_10.jpg
このキャラクターも一時期話題になりましたね。

つづきます

ANA B747-400D テクノジャンボラストフライト~その3~ [飛行機]

8番ゲートから乗り継ぎの沖縄行きに搭乗します。

03_00.jpg
7番から出発のANA250便はプッシュバックが始まっていましたがギリギリで間に合いました。

機内からも撮影。以前は電子機器が利用できないタイミングですが、今はドアクローズまで電子機器が利用できるので、デジカメで写真も撮れるようになりました。今回は気まぐれでA列にしていて大正解でした。

03_01.jpg
いよいよジャンボ福岡発最終便が出発です。大勢の福岡空港地上職員が見送ります。

03_02.jpg
ジャンボが滑走路に向かうタイミングで解散だったようです。皆さんが持ち場に戻っていきました。

こちらも出発。今回はB737-500でした。個人的には乗り飽きたというか、今更感満載の機材です(笑) 今回搭乗したJA356KはB737-700と同時に登場した煎餅シートに転換されていました。また、オーディオユニットは未装備の機材となります。

03_03.jpg
どうでもいい話ですが、ANAのB735非常口席はインアームテーブルなので肘掛けが動きません。自分が搭乗している時にいざと言う事は無いでしょうが、万が一の時に非常口ドアをシートに立てかけるのは意外と難しいかも・・・

那覇空港には10分程度の遅れで到着。翌日のジャンボラストフライト出発ゲートになるであろう32番にはジャンボの部品展示がありました。

03_05.jpg
写真のウィングレットは元国際線機材のB747-400(JA402A)を国内線仕様にコンバートした際に外した物との事です。元国際線仕様機のJA401A&JA402Aは国内線仕様(-400D)に改装後、国内線で活躍した機材です。アッパーデッキ後ろの窓が無いので、少し詳しい方ならすぐ見分けの付く機材でした。また、この窓なし機材があるせいで、階段直後の86AC席は空港調整席だったようです。

03_06.jpg
ジャンボの歩みと他主力機材との比較。

03_04.jpg
空席待ちカウンターやチェックインカウンターにはポスターの掲示がありました。
*チェックインカウンターに関しては福岡空港でもポスター掲示がありました。

03_07.jpg
この後、空港食堂で昼食。「沖縄そば&じゅーしぃ」をEdy払いするのはいつもの事です。

03_08.jpg
ホテルへの移動はゆいレールで。

03_09.jpg
ホテルは那覇ビーチサイドホテルにしました。決め手は価格が安くて朝食付き。朝の空港送迎があるからです。このホテルの最寄駅は旭橋になりますが、そこからスマホのナビ機能を使いますと最短距離の辻縦断コースになりますのでご注意を。

03_10.jpg
部屋はこんな感じ。街側のシングルです。低層階なのは仕方がない事ですね。

つづきます
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ANA B747-400D テクノジャンボラストフライト~その2~ [飛行機]

02_00.jpg
福岡空港では第3ターミナル1階でジャンボ退役イベントが行われていました。

02_01.jpg
02_03.jpg
02_02.jpg
02_04.jpg
ジャンボ機のポスター展示、写真展示、部品展示、モデルプレーンの展示がありました。
ちょうどB747が駐機している時間でしたので、こちらのスペースのお客さんはまばらでゆっくり見学が出来ました。時間によって747機長・CA撮影会やハンドベル演奏もありましたが、この時間帯にイベントはありませんでした。

このあと展望デッキへ向かいました。当然ですが日頃は閑散としている展望デッキも大混雑。入場規制こそしていませんでしたが、ジャンボが見える部分は大混雑で辿り着けない状況でしたので、次便搭乗のため保安検査場に向かいました。

02_05.jpg
保安検査場を抜けて、東京行きの便が出発する7番ゲート前を通過します。予想通り出発は遅れておりゲート前は大混雑でした。

02_06.jpg
ゲート横には出発式で利用したと思われるボードがありました。なお、出発式は東京から到着した時点で始まっており、どのようなものだったかの確認は出来ませんでした。

7番と8番ゲートの間でジャンボを見送ります。福岡空港は出発到着が完全に分離されていますから、窓にへばりついて撮影は出来ませんが、比較的窓が大きめなのでマシな方かと(^_^;)

02_07.jpg
出発前に機長が展望デッキに手をふるサービス。

02_08.jpg
7番スポットの周りでは関係者が横断幕をもってお見送りです。写真ではスターボードサイドのみに見えますが、実際はポートサイドでも横断幕をもった関係者がお出迎えとお見送りをしていました。

02_09.jpg
搭乗ゲートにはケーキも。

02_10.jpg
乗客の搭乗が終わった後、ゲート係員によるお見送りがありました・・・・ と書きたいところですが、これはマスコミが無理を言ってやらせたものです(>_<)

02_11.jpg
沖縄行きの搭乗も始まりましたので、さっさと搭乗する事にします。今回はラッキーな事に隣の8番スポットから出発で、機内から747を見る事が出来るかもしれませんね。

つづきます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ANA B747-400D テクノジャンボラストフライト~その1~ [飛行機]

2013年度をもって退役するテクノジャンボことANA B747-400Dのラストフライトに搭乗してきました。3月30日に羽田→福岡のラストフライトに搭乗し、福岡→那覇便で沖縄に移動、翌31日のラストフライトで東京に戻るという行程です。

B747-400の退役は数年前に方針として打ち出され、昨年からラストフライトに向けた様々なイベントが行われてきました。それらのイベントには諸事情で参加できなかったのですが、最終フライトが決定した直後にダイナミックパッケージでとりあえず予約、先行予約が開始された1月下旬の航空券のみ予約は見事にダメでしたので、ダイナミックパッケージで予約した行程でラストフライトを満喫する事にしました。

旅の始まりは東京国際空港(羽田)です。ジャンボ機ことB747型機は国際線はもちろんの事、国内線でも羽田発着の大阪・札幌・福岡・沖縄といった高需要幹線はもちろんの事、地方空港など様々な空港へ毎日飛行し、日本の空の旅客需要を支えてきた航空機です。今回ラストフライトとなったB747-400D型はB747-400型の中でもD(ドメスティックの頭文字です)がついた日本向けスペシャルモデルと入っても過言ではありません。実際このB747-400D型はJALとANAのみが導入した飛行機で、国内線の短距離、離着陸回数多に対応したバージョンとなります。国際線などで飛んでいるB747-400型とは主翼翼端のウィングレットの有無が一番大きな違いでしょうか。B747-400とB747-400Dの間には相互改造プログラムが用意され、実際にANAでは改造の実績があります。

さて、上記のしょうもないウンチクはwikiなどを見ればもっと詳しく書いてある事ですので、旅行記に戻りましょう。


旅の始まりは東京国際空港です。搭乗前に展望デッキに来ました。

01_00.jpg
T2の展望デッキ中央部ではB747のモザイクアートが展示されていました。このモザイクアートはANAの運行に関わる人たちの顔写真で作られています。

01_01.jpg
7時30分すぎに、今回搭乗するジャンボ機が北側からやってきました。

01_02.jpg
折しも、同じ3月31日一杯でANAグループから退役するボンバルディアDHC8-Q300と並びました。

01_03.jpg
ANA243便での仕様機材ですので所定のスポット66番に近づいてきました。4発のエンジンや前方のコブ(2階席)など、ジャンボ機は他の機材とは違った迫力や風格を感じます。

01_04.jpg
搭乗時間も近づいてきましたので、保安検査場を通過しラウンジへ。ラウンジでもジャンボ退役の展示があると言う事で楽しみにしていましたが、これだけでした・・・ ラウンジ内では3月30日の羽田国際線拡張記念のオリジナル箱ポッキーが配布されていましたので美味しく頂きました。

搭乗時間も迫ってきましたので66番ゲートに向かいます。

01_05.jpg
羽田空港出発ロビーからジャンボの姿を見るのもこれが最後です。
ジャンボといえば2006年のB747SR型退役時はスペシャルマーキングがされましたが今回はなしですね。

01_06.jpg
羽田空港の案内モニターにB747-400が表示されるのも、この便を含めて残り3回です。

01_07.jpg
搭乗口付近では機長さんらが記念撮影などに応じていました。

01_08.jpg
ボーディングブリッジの案内。国内線で2階席が再び表示される日は訪れるのでしょうか。

01_09.jpg
ボーディングブリッジの窓からはジャンボを撮影する人がたくさんいました。

機内写真は省略・・・というか、最後だからといって撮らなくてもいいかなという感じで、お手洗いに立った時に数枚撮った程度です。

01_11.jpg
座席はお気に入りのアッパーデッキ72列目窓側。

01_10.jpg
記念品はクリアファイルと搭乗証明書など。里帰りフライトと同じ内容みたいです。

01_12.jpg
福岡空港に到着しました。続きます。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ANAが新仕様のプレミアムクラスなどを発表 [飛行機]

ANAが国内線のIOJ新サービスなどを発表しました。
内容はプレスリリースを確認してください。

プレミアムクラス
・ラウンジ
関空と岡山でも利用可能に。
順次改修なので、他空港のSignetもANA LOUNGEになるのでしょう。
利用可能:羽田、伊丹福岡札幌、那覇、鹿児島熊本、関西、岡山

・食事
匠味の名称が消えPremiumu GOZEN & SABOへ。
監修店舗が少なく(羽田・札幌と伊丹・福岡)なりますね。
MyChoiceで提供のスタバコーヒーが無料メニューへ。

12a-004-12.gif
・シート
772新造機から新仕様のプレミアムクラス座席に。
リクライニング機構はゆりかご方式に。テーブルサイズUP。

利用してみないと分かりませんが食事はともかくシートはよさげ。
777はSSP時代からのものでしたので、やっとPCっぽくなりますね。
狙って搭乗してみたい所ですが、新旧区別無く運用される雰囲気。
予想ですが777&787は早い段階で新仕様シートへ改修されそうです。


普通席
・シート
新型の膝周りにゆとりを確保した軽量シートへ。
既存のシートは737と同時に採用された煎餅シートです。
738以降マイナーチェンジされましたが、所詮煎餅です。
今回も軽量ゆえ煎餅でしょうが、少しは座り心地良くなってないかな・・・
こちらも、773と787が優先的に改修されそうな予感がします。
特に787は新しい感じはしても、国際線仕様を国内線ピッチは無理が。

・飲料
現在の水、お茶、リンゴジュースにプラスしてコーヒーも無料に。
コーヒーはアートコーヒーと共同開発した新型(?)になるようです。

主なサービスは6月から開始となります。
とりあえず新仕様のPCは利用してみたいですね。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ANAが新仕様のプレミアムエコノミー発表 [飛行機]

某社の偽装問題で宙に浮いていたANAのIOJ仕様プレエコ。
座席メーカーを変更して順次搭載されるそうで。

09-183-6.jpg
K糸製だったと思われるIOJプレエコ

11a-198-1.jpg
今回発表されたなんか古くさい地味デザインのプレエコ


ピッチ:現仕様38インチ→小○IOJ42インチ→新プレエコ38インチ


当初の志が忘れ去られた感じもしませんが座り心地さえ良ければ・・・
まぁ、IOJ仕様プレエコを頑張りすぎたので力尽きただけかも(笑)

シートメーカーはどこだろ。形状はJALの新クラスJに似てる感じも。

現仕様のプレミアムエコノミー
https://www.ana.co.jp/int/inflight/guide/py/seat/777_300_02/
国際線IOJ仕様発表時のプレスリリース
http://www.ana.co.jp/pr/09-1012/09-183.html
新仕様プレミアムエコノミーのプレスリリース
https://www.ana.co.jp/pr/12_0103/11a-198.html
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行