So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

ASUS ZenTour年末年始大感謝祭! 東京に参加してきた~後編~ [ZenTour]

Zen_12.jpg
2016年末に公開募集がされた”ASUS ZenTour年末年始大感謝祭!”の東京会場に当選しましたので参加してきました。今回は後編です。

ASUS ZenTour年末年始大感謝祭! 東京に参加してきた~前編~
http://nomayu.blog.so-net.ne.jp/2017-01-21

Zen_40.jpg
ZenFoneアクセサリーの新しい試みであるDESIGN for ZenFone
サードパーティー製ZenFoneアクセサリーでASUSが認定した製品に付与されるものとなります。ASUSとサードパーティーが共同してZenFoneを広めていく取り組みとなります。某林檎社のスマートフォンはもちろん、有名なS○NYやSAMS○NGに比べ、ASUS製のスマートフォン向けのアクセサリーはお世辞にも豊富とは言えないのが現状です。林檎社端末並の品揃えは無理でも、端末メーカーとサードパーティーが協力する事でアクセサリーが増えれば、ZenFone購入への新たな動機付けにもなり得ると思います。

Zen_41.jpg
Zen_42.jpg
今回は一例としてray-out製のZenFone3ケースが紹介されました
ZenFone3向けray-out製HYBRID CASE。TPUとハードケースのハイブリッド使用で、背面はクリア素材のためZenFone3のデザインも崩れません。ZenFone3のプレゼンでは裸で使って欲しいという話もありましたが、これならASUSも許してくれるのかなw というわけで、ASUSの粋な計らいで参加者にこのケースもお土産としてプレゼントされました!


スマートフォン以外のZenシリーズの紹介も

Zen_43.jpg
ZenBook3
薄型のハイパフォーマンスPC。ASUSの培った技術を惜しみなく投入し薄型筐体にintel Corei7、i5プロセッサを搭載したPCです。背面ASUSロゴはゴールド仕様!個人的にはAPPLEに対抗してレインボーに光るとかでも面白かったかも。最近ではPC業界ではマザーボードをキラキラ光らせるのが流行ってるみたいですし。ZenBook3 AURAとかどうっすかねw

Zen_44.jpg
TransBook Mini T102HA
ASUS Pen入力対応の2in1ポータブルPC。

Zen_45.jpg
Zen_46.jpg
ZenBeam E1(日本未発売)
ポケットサイズの筐体307g薄さ2.9cmで、WVGA(854×480)解像度で120インチまでの表示が可能です。バッテリー搭載で最大5時間の駆動が可能。モバイルバッテリーとしても利用可能です。端子はHDMIとHML対応でスマホやディスクプレーヤーなどを接続できます。スティックPCを接続するとプロジェクター一体型小型PCにもなりますね。

この3製品はレビュー希望者に貸し出しもおこなわれます。特に最後のZenBeamは東京会場参加者限定となっています。タッチアンドトライでレビューどうですかとお誘いを受けましたが私の場合はレビュー環境的に微妙なのが気がかりです。ただ、3製品の中で一番興味を持った製品でもありますので、ZenFone3レビュー後、時間が許せばレビューに応募してみたいと思っています。

Kou_23.jpg
サプライズの大抽選会
サプライズと言っても、入場したときからチラチラ見えていましたがw 禅太郎ぬいぐるみや日本未発売のタグ、禅ディスク、トートバック、再利用可能タイプのホッカイロなどがプレゼントされました。私に何が当たったか気になりますか?私のくじ運を考慮すれば何が当たったかなんて書くまでもないですorz


つづいて、タッチアンドトライと質疑応答の時間にうつりります。

質疑応答
質疑応答ではKnightさんやタッチアンドトライコーナーの社員さんに色々と話が聞けて、ASUSへの期待がさらに膨らみました。

一部オフレコの内容があるのですべては書けませんが、公にしても大丈夫な内容だけ書かせていただくと・・・
Q1.例の新製品の日本での発売など話せる事は?
A1.・・・・・
Q2.ZenFone3の価格設定に関して
A2.日本発売に関連するコストを考慮し、他メーカー端末とのスペックやデザインを考えるとお求めやすい価格に設定(当初はもう少し高い価格になる予定だった)できたと自負している。日本発表後の価格に関する批判が多いのは認識しているが、説明をすれば理解していただけると考えている。
Q3.ZenFone3の売れ行きに関して
A3.ZE520KLは予想通りの順調な売れ行き、ZS570KLは値段も高いので売れるかどうか半信半疑だったが予想以上に売れてびっくりしている、ZS550KLは逆にあまり振るっていない。
Q4.NFC搭載について
A4.コストと利用者の利便性が見合うなら搭載をしていく方向になると思う
Q5.禅太郎グッズの販売などは?
A5.いまのところ予定はないですね~

他にも何点か質問・・・というか半ば雑談しましたが、ASUSという会社は動きが速い会社であるという事が興味深かったです。他社に比べるASUSの強みは、デザイン部門を自社で持っている事、PCのマザーボードなどで培った技術力がある事、ユーザーからのフィードバックを会社で共有する仕組みがある事だと感じました。そういう社風故に時々時代を先取りしすぎた端末も発表してしまって販売に苦戦する事もあるようですが、プレゼンの最初にもあったように、ユーザーの使い方を理解しより便利になるような製品を作りたいという心意気が伝わってきましたし、これからのASUSにも期待できるように感じました。


タッチアンドトライコーナー
タッチアンドトライコーナーにはZen3シリーズ各種やアクセサリー

Kou_07.jpg
ZenFone3 Deluxe(ZS570KL)
日本に投入されているZenFone3のフラッグシップモデルです。他のZenFone3シリーズを凌駕するハイスペックモデルで、価格も9万円超とASUSとしては初めてのチャレンジとなる価格帯への投入となりました。予想以上に予約が集まり一時販売休止になってしまったのは営業的にマイナスですが、ASUSとしてはこの価格帯でも満足のいくスペックのモデルであれば売れる事が確認でき、次作以降のモデル選定の参考になったのではないでしょうか。

Kou_11.jpg
ZenFone3 Deluxe(ZS550KL)
こちらはDeluxeの5.5インチモデル。5.7インチに比べるとスペックが大幅に見劣りし、どちらかというと無印のZenFone3に近い性能となっています。デザインはDeluxeと同じテイストなのですが所々コスト削減の爪痕も見られ、なんとも中途半端なモデルとなってしまいました。販売に苦戦しているのも仕方がないのかなと思います。

Kou_01.jpg
ZenFone3 ULTRA(ZU680KL)
こちらはSONYのXperia Z Ultraの再来とも言われる6.8インチのファブレット端末です。このサイズになると欲しい人にはすごく興味があるし、いらない人には何あれって感じの端末にうつると思います。スペックは無印より少し上くらいで実用上問題ありません。

Kou_06.jpg
ZenFone3 Laser(ZC551KL)
前モデルの2Laserは日本では5インチモデルでしたが、3Laserは5.5インチと一回り巨大になりました。前面は3シリーズ共通のデザインに、背面はアルミパネルで2Laserに比べ高級感もあります。スペックも確実にアップしていて、普通にスマホを使うユーザー向けとしては個人的にオススメできる機種です。このスペックで3万円を切るプライスは価格競争力があります。

Kou_00.jpg
ZenFone3 MAX(ZC520TL)
一部で東京会場のレビュー機ではないかと噂された3MAX。1月14日に発売されたばかりの新製品です。ZenFoneといえば画面外にナビゲーションキーを搭載し、画面を少しでも広く使えるのが特徴だと勝手に思っていますが、この機種は他社同様オンスクリーンタイプになります。どちらが良いかは好みの問題ですが、私の感想としてはこの機種に関してはZenFoneらしさが薄くて興味を持てなかったです。日本ではMAXの売れ行きはそれほどでもないようですが、海外では人気機種のようです。

Kou_05.jpg
ZenPad3S 10
4:3のディスプレイを搭載した10インチタブレットです。この画面サイズと縦横比ですと電子書籍を読むのに便利です。ただ、昨今の個人向けタブレット市場は縮小傾向なので、この機種ならではという特徴がないと他製品に埋もれてしまうかもしれませんね。個人的にはこの縦横比のタブレットは時々無性に欲しくなります・・・実勢価格は4万円前後です。

Kou_08.jpg
Kou_12.jpg
ZenWatch3
スマートウォッチです。写真では若干安っぽい雰囲気でしたが、実物はそれなりの高級感がありました。スマートウォッチには興味がありますが、電池性能や耐水性能を考えると踏み切れない自分がいます。耐水はまだしも、電池の持ちは何らかのブレイクスルーがないと厳しいのかなと思います。

Kou_10.jpg
ZenFone3関連のアクセサリー各種
穴あきのビューフリップカバーはLaser、無印、DX用。大きい穴のないカバーはULTRA用です。
液晶保護フィルムは・・・2.5Dガラスだと全面保護できないから製品選択にとても難儀します。純正品もDX対応品のみ展示がありましたがASUS純正品はSelfieの時の苦い経験からオススメしかねます。ASUS的にはゴリラガラスなど強化されたガラスを使っているので保護フィルム無しでの運用を想定しているようですが、細かい事を気にする典型的な日本人である私はどうしても保護フィルム貼りたくなっちゃいます。

Kou_04.jpg
ASUS S1モバイルプロジェクター
こちらは日本でも発売済みのモバイルプロジェクター。実勢価格は4万円前後といった感じで、コンパクトかつバッテリー内蔵という事で、手軽に持ち運んでの利用が想定されます。バッテリー接続時は明るさが落ちるので注意が必要ですが、利用シーンによっては便利だと思わせます。

Kou_03.jpg
ZenBeam E1(日本未発売)+TransBook Mini T102HA
この機器の周りはあまり参加者がいなかったので、ASUSの方と少しお話する時間がありました。プロジェクターというと業務での利用という印象が強いですが、バッテリー内蔵で持ち運びが手軽にできるコンパクトサイズを生かして、アウトドアでの利用もオススメできるという話でした。この時期のアウトドアは厳しいですが、夏場ならキャンプ場で大人数で映画などの鑑賞をしたり、旅行先で撮影した写真などをホテルの部屋でプロジェクターで投影し楽しむと言った利用シーンは考えられますね。業務で利用しなくても家族連れやリア充にオススメできるかも。

Kou_02.jpg
ZenBook3
内容はプレゼンの部分をご参照ください。


最初はこの手のガジェットに関して決して詳しいわけでもない私のような人間がこのようなイベントに参加させていただくのは場違いではないかとほんの少しだけ悩みましたが、このようなイベントで製造側の生の声や様々なお話をお聞きする事ができ、大変有意義かつ楽しい時間をすごせました。また、ガジェットフリークの方々とも知り合う事ができいろいろなお話をさせていただく機会にも恵まれました。このような機会を設けていただいたASUSジャパンの皆様に感謝するとともに、ASUSやZenFoneに興味のある方はこのようなイベントがあるときは躊躇せず応募されるといつもとは違ったとても楽しい時間をすごせると思いますよ!

次回開催はまだ決定していませんが、今後も同様のイベントを開催していきたいとの事でした。イベント開催時の最新モデルや話題のモデルのタッチアンドトライや製造者のプレゼンは大変魅力的ですので、チャンスがあれば是非参加させていただきたいと思います。

*個人的には次回以降も参加させていただきたい=応募者が増えて抽選倍率が上がるのは勘弁して欲しかったりしますけど(ォィ

Zen_12.jpg

次回はレビュー用にお借りしているZenFone3(ZE520KL)を素人目線でレビューしていきたいと思います。

つづきます
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ASUS ZenTour年末年始大感謝祭! 東京に参加してきた~前編~ [ZenTour]

Zen_12.jpg
2016年末に公開募集がされた”ASUS ZenTour年末年始大感謝祭!”の東京会場に当選しましたので参加してきました。

ZenTourとは?
ASUS社長がユーザとの交流機会をもっと増やしたいという思いから、2015年から不定期に開催されています。主にZenFoneやZenPadなどのZenシリーズの新製品にあわせて開催される事が多いようで、その模様は参加者のブログやSNSを通して発信されています。

今回参加させていただいた”ZenTour年末年始大感謝祭!”の東京会場は30名の枠に多数の応募があったとのことで、当選したのは本当ラッキーだったのと同時に、ASUSやZenシリーズに興味のある方にZenTourの魅力をお伝えできたらと思います。

P_20170120_182958.jpg
Zen_00.jpg
東京は1月20日の夜に秋葉原で開催されましたた。この日は天候が大荒れの予報もありASUS側でも当日の天候に最後までヤキモキしたようですが、予想よりも崩れる事はなく無事開催の運びとなりました。

Zen_02.jpg
イベントスケジュール
前半はASUSのKnightさんとTakさんによる約1時間のプレゼンテーション、後半は約1時間のタッチアンドトライやASUS社員さんへ直接質疑応答ができる時間が設けられました。

ASUSジャパンマーケティング部のKnightさん、Takさんによるプレゼンテーションの様子

Kou_13.jpg
Knightさん

Kou_14.jpg
Takさん
ASUSファンには有名なKnightさんとTakさんによる掛け合い形式のプレゼンが行われます。本人たちは緊張する~と言っていましたが、手慣れた物で1時間があっという間に経ってしまう楽しい内容のプレゼンテーションでした。なお、両人とも日本の方ですが、ASUSの社内ではイングリッシュネームで呼び合う事になっていて、ASUS入社後最初のお仕事も自分のイングリッシュネームを決める事だそうです。

参加者に限らず、ZenFoneついてSNSなどでどんどん情報を発信して欲しいという説明からプレゼンは始まりました。ZenFoneに関する満足点・不満点両方とも毎週行われる社内会議で情報が共有されフィードバックされるそうです。

Zen_03.jpg
Zen_04.jpg
ASUS ZenFan大募集のお知らせ
ZenFanとは2014年から運営されているファンクラブで、ASUSの製品を世の中にもっと広めていきたい、ASUSの新製品をチェックしている、Zenシリーズのいずれかを持っている、ASUSが日本市場でもっともっと良くなって広まるように手伝いたいと思っている人向けのファンクラブです。オフィシャルのリリースをリアルタイムで受信、新製品の先行体験や発表会への参加、ファン交流イベントや限定のファンイベントへの参加などへの特典が用意されています。これらの特典は日頃からZenFone製品の情報を発信している方にとってはかなりの魅力ですし、新製品発売前に気になる新製品に触れられるのは素晴らしいですね。

*参加したいと思うのですが、募集告知はあったのにどこから応募すれば良いのかよく分からないというw のちほど連絡取ってみようと思います。


ASUSやZenシリーズの紹介
Zen_05.jpg
IN SEARCH OF INCREDIBLE~挑め、想像を超えたその先へ。~
みなさんが考えもしなかったような便利になる製品を、挑戦をし続けて作り上げていくというスローガンです。ASUSは会社全体の1/3がエンジニアでものづくりに大変力を入れています。

ASUSのフィロソフィー
Zen_06.jpg
Start with People
使う人が何を考え、感じ、行動するかを十分に理解する事から製品作りが始まります。流行風に言うとユーザーファースト!

Zen_07.jpg
2011年11月 First Zen(Zen Book)シリーズ発売
Zen=禅
日本語の禅の精神(研ぎ澄まされた美しさ)からインスパイアされています。
ZEN IS BALANCE
美しさと強さのバランスを兼ね備えたZenシリーズ

市場の状況(GFKデータより)
Zen_08.jpg
2013年以来 Windows 2in1タブレット国内販売数No.1
2015年以来 Androidタブレット国内販売台数No.1
Zen_09.jpg
2014年以来 SIMフリースマートフォン国内販売台数No.1
Zen_10.jpg
BCN AWARD 2017 SIMフリースマートフォン部門2年連続受賞

Zen_11.jpg
イベント開催日の1月20日に授賞式があったそうです。

Zen_12.jpg
禅太郎
ASUS Zenシリーズのゆるキャラです。会場でのファンは・・・あまりいませんでしたが、禅太郎を広げるためにアイデア出してください!

Zen_13.jpg
Zen Evolution 禅×革命 →Zenvolution

Zen_14.jpg
Zen_01.jpg
ZenFone3の紹介
東京会場でのレビュー機はシークレットとされていましたが、大阪・名古屋と同様にZenFone3(ZE520KL)となりました。参加者によっては不満も残る結果だったかもしれませんが、無難なZenFone3(ZE520KL)で私としては良かったです。TwitterでZenFone3 MAX以外でお願いってお祈りしてきたよ~ってつぶやきましたが川崎大師さんマジぱねえっすw で、なぜ3MAXは勘弁してくれとお願いしたかというと、せっかく社員さんから直接端末のアピールポイントのプレゼンが受けられる貴重な機会なのに、良くも悪くも電池以外は凡庸なZenFone3 MAXのプレゼンでは本当にガッカリですし、レビュー記事あげるのとても苦労しそうですし。

デザイン
Zen_15.jpg
澄み渡る洗練された優美さ
両面2.5D曲面ガラスによる優美さ。製品が綺麗なのでカバーを付けないで使って欲しい!

Zen_16.jpg
ガラス素材に冴え渡る同心円。ZenFoneではおなじみの同心円を背面にデザインしてより鮮やかに見えるように。

Zen_17.jpg
カラーはサファイアブラックとパールホワイトで現状の販売比率は6:4だそうです。Takさんはホワイト押し、Knightさんはブラック押しだそうで。シルバーフレームはダイヤモンドカット加工で高級感のあるデザインに。

Zen_18.jpg
高精細・高画質でも手軽に撮影できるカメラ機能~Pixel Master 3.0~

Zen_19.jpg
ZenFone3は1600万画素(SONY IMX298センサー)6層レンズf値2.0の背面カメラ、800万画素5層レンズf値2.0でワイドアングル85°の前面カメラを搭載。

Zen_20.jpg
進化したオートフォーカス~TriTechオートフォーカス~
象面位相差AF+第二世代レーザーAFで約0.03秒の超高速オートフォーカスを実現。コンティニュアスAFで動く被写体も追従し高精細・高画質な写真や4K動画を手軽に撮影!2Laser比で焦点距離も3倍に伸びています。

Zen_21.jpg
リアルタイムHDR
逆光や明暗差の激しい場面でも目で見たままの美しさを再現する機能で、写真・動画の両方に対応。また32秒までの長時間露光も可能でプロのような写真も撮影可能。

Zen_22.jpg
Zen_23.jpg
手ぶれ補正
某社のiPhone6Sとの比較動画で手ぶれ補正効果をアピール。光学式手ぶれ補正(OIS)は4軸(ヨー・ピッチ・上下左右)4段相当、電子式手ぶれ補正(EIS)は3軸(ヨー・ピッチ・ロール)で動画撮影時もブレを軽減します。

Zen_24.jpg
au VoLTE対応のDual SIMスロット
ZenFone3日本版はau VoLTEにも対応し日本の3大キャリアに対応。ただし、片方のスロットはmicroSDとの排他使用になるので注意。

Zen_25.jpg
SIM2枚入れてデュアルスタンバイにすると、どっちがどっちかわかりにくいですよね。ZenFone3ではSIM毎に名称を付け表示できるのでわかりやすいです。文字数は大文字4文字、小文字7文字まで対応。

Zen_26.jpg
よりスピーディーにつながる通信方式
LTE Cat6、キャリアアグリゲーション、802.11ac対応で、最大300Mbps(LTE接続時)、433Mbps(Wi-Fi接続時)の高速通信が可能。

Zen_27.jpg
オーディオ機能へのこだわり~SonicMaster3.0~
5マグネットスピーカーを搭載し映画館の迫力と臨場感を。そしてHi-Resオーディオ対応で原音に近いサウンドを。最近は他社のウォークマンなどをスマートフォンとは別に購入しHi-Resを楽しむ方も多いが、ZenFone3なら一台で対応。

Zen_28.jpg
ZenEar S
ただし、Hi-Res対応のイヤホンは別売り(税込5,378円)です。個人的にはZenEarS付属のハイレゾ対応モデルを限定販売したら面白いと思いました。日本では未導入のZE520KL(4G64GB)にZenEarSを付属し、何らかの限定グッズか音楽ダウンロードサイトのクーポンを付けて限定販売とかいかがでしょうか。万が一売れなかったら・・・福袋のネタにしませうw


基本スペック

Zen_29.jpg
世界初Snapdragon625を搭載したZenFone3の優れたパフォーマンスと省電力

Zen_30.jpg
Adreno 506搭載。PC級のグラフィックス性能で、他ではできないゲーム体験
GameGenieアプリで簡単にゲーム実況動画を作成したり、プレイ中の情報検索に対応。

Zen_31.jpg
約0.2秒でロック解除する指紋認証センサー
指紋認証ロック解除だけではなく、電話・カメラ・写真(シャッター機能)にもなります。

Zen_32.jpg
とても使いやすいZenFoneオリジナル”ZenUI 3”

Zen_33.jpg
ロックアプリ
アプリ単位でロックをかける事が可能で、個別のアプリで見られたくないアプリだけをロック。

Zen_34.jpg
手袋モード
画面の感度を高める事で手袋をしたままスマホの操作ができます。ただし社内調べではスキーの手袋は難しいそうです。寒い日が続く冬場にはありがたい機能ですね。

Zen_35.jpg
簡単モード
アイコンや文字が大きくなるので初心者や高齢の方など操作に不安のある方にオススメ。簡単モードと名はついていますが、機能制限はなく表示のみ制限しているのですべての機能が利用できます。

Zen_36.jpg
キッズモード
子供が安全に利用できるように保護者が制限をかけるモードです。アプリ毎に利用の可否や、利用可能時間を細かく設定できます。資料のゆるキャラは台湾とかにいそうな雰囲気ですね。

Zen_37.jpg
ZenMotion
画面タップによる操作機能。画面ダブルタップでスリープのOnOffや、特定の文字で指定アプリ(設定可能)を起動する事が可能。


Zen_39.jpg
このパフォーマンスが39,800円(税別)
価格に関してはみなさまもご存じの通り高いという声が多かったというのも認識しているとの事。しかし、法的審査や日本独自機能の対応などを考えるとお得だと言うのがASUS側の主張です。

これに関して個人的に思うところを書かせていただきますと、ZenFone3という括りで考えれば日本版は他国版に比べ高いと思います。ただ、同等の他メーカー品と比較すると決して極端に高いわけではないようにも思います。

ここまで高いという声が大きくなったのは、
1.ZenFone3ワールドプレミアで249$と社長自ら低価格をアピールしてしまった事
2.通信対応バンドが日本版と同じ台湾版が7,990NT$(日本版発表時のレートで25,000円程度)で並行輸入業者が30,000円程度で販売している事
3.日本発表のタイミングが円高(1$=100円前後)で現在の相場に比べ海外版がより安く購入できた事

上記の3点を総合して税込約43,000円での販売は高いという声が大きくなってしまったのではないかと思います。日本での販売に必要なコスト、企業内の為替レートの認識などを考慮すれば極端に割高と一概には言えませんし、日本独自の販売方法としてSIMとの抱き合わせによる割引もあり、それらをうまく利用すれば比較的安価に手に入れる事ができるのも事実です。

ただ、ASUSの価格設定は日本対応のコストだけでは説明がつかない部分もあるんですよね。同じZenFone3シリーズでも端末によっては台湾などより日本の方が安い場合もありますので。まぁ、価格を決定するのは販売側ですから、端末の性能に対し価格が高いと思えば購入しないとか、○○で価格が高いよ~とSNSなどを利用して広めれば建設的な提案であればASUSにも声が届くかもしれませんし、声があまりにも多ければ対応する事もあるかもしれません。私個人の意見としてはZenFone3の性能やデザインを考えると、現状の価格でも他社の同等端末に対し著しく劣っているとは思いませんし、価格相応のメリットはあるように感じました。

4.発表されてからの時間。台湾では7月に発売済みなのに、日本では10月まで待たされた。
人間ってね待てば待つほど期待が膨らんでしまう生き物なんですよ。それを裏切られると、怒りや落胆も大きくなってしまうわけです。


長くなってしまったので続きは後編で
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の2件 | -